ARTISTSアーティスト

ピアノ ジャン=クロード・ペヌティエJean-Claude PENNETIER

PROFILE


ジャン=クロード・ペヌティエはソリストとしても室内楽奏者としても際立った存在である。豊富なキャリアを経て(現代音楽、作曲、指揮、フォルテピアノ、教師、室内楽)、ソリストとしての活動にとりわけ精力的である。

ガブリエル・フォーレ・コンクール優勝、マルグリット・ロン・コンクール2位など国際コンクールで優れた成績をおさめ、フランス国内のみならず世界で演奏活動を行い、またパリ管やドレスデン・シュターツカペレ、リール国立オーケストラ、N響といった楽団と共演。ラ・ロック・ダンテロン、プラード、シアトルの音楽祭に参加し、アメリカやカナダ、アジアでツアーを行っている。

録音ではベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、ドビュッシーが高い評価を受けており、最近ではラヴェルの室内楽や、ミシェル・ポルタルとイザイ弦楽四重奏団のメンバーによるモーツァルトのCDをリリースしている。

フォーレの大家であり、2009年と2011年にピアノ曲全集を出している。シューベルトも評価が高く、2010年にCDが出ている。2013年にはリストに取り組み、ピアノ曲と、エストニアの合唱団ヴォックス・クラマンティスとの「十字架への道」のCD(Mirare)を発表し、ディアパゾン・ドールを受賞している。

「ペヌティエのはなつ透きとおった光は、
    音楽の神秘のとらえ難い核心を照らしている――」(グラモフォン)
PAGEUP