ARTISTSアーティスト

ピアノ ルーカス・ゲニューシャスLukas Geniušas

PROFILE


 1990年、モスクワ生まれ。5歳のとき、モスクワのショパン音楽大学の準備コースでピアノを始め、2008年に同校を首席で卒業した。

 音楽一家に生まれたゲニューシャスは、早くから音楽の才を開花させた。とりわけ、優れた教師でありモスクワ音楽院の教授であった祖母のヴェーラ・ゴルノスターエワからは、大きな影響を受けている。ユタ州のジーナ・バッカウアー国際コンクールで優勝し、2010年のショパン国際コンクールで第2位に選出されるなど、主要なコンクールで次々に輝かしい成績を収め、さらに2年後には、フランクフルト・アム・マインでドイツ・ピアノ・アワードを受賞。2015年、モスクワで開催された第15回チャイコフスキー国際コンクールで第2位に輝いた。

 ワレリー・ゲルギエフ、ミハイル・プレトニョフ、シャルル・デュトワ、アンドレイ・ボレイコ、トゥガン・ソヒエフ、サウリュス・ソンデツキス、ドミトリー・シトコヴェツキー、アントニ・ヴィト、ラファエル・パヤーレ、ドミトリー・リスらの指揮のもと、トロント交響楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、ハンブルク交響楽団、BBCスコティッシュ交響楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、クレメラータ・バルティカ、バーミンガム市交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団など、数多くのオーケストラと共演。ラインガウ音楽祭、ルール・ピアノ・フェスティヴァル、ロッケンハウス音楽祭、ピアノ・オ・ジャコバン、ワルシャワ「ショパンと彼のヨーロッパ」音楽祭、ルーヴル美術館オーディトリウム、ウィグモア・ホールを始め、世界各地の一流ホールや国際音楽祭から招かれているほか、ロシアや南米でも精力的に活動を展開している。

 2016/17年シーズンには、ミラノのサラ・ヴェルディ、マリインスキー劇場コンサート・ホール、モスクワ音楽院大ホール、モントリオール(プロ・ムジカ・シリーズ)でリサイタルを成功させた。またワシントンのフィリップス・コレクションで行ったリサイタルは、地元「ワシントン・ポスト」紙から絶賛された。

 2017/18年シーズンの演奏活動のハイライトとして、ヴェルビエ音楽祭とラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭への再登場、ニューヨークのフリック・コレクションとエルマウ城音楽祭へのリサイタル・デビュー、アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮オーデンセ交響楽団との共演、東京文化会館とマカオ国際音楽祭でのリサイタルが挙げられる。

 ゲニューシャスの音楽的好奇心は尽きることがなく、そのレパートリーは、バロック時代から現代まで実に幅広い。彼はベートーヴェンのピアノ協奏曲はもとより、ヒンデミットの《ルードゥス・トナリス》全曲を自在に弾きこなし、チャイコフスキー、ラフマニノフ、プロコフィエフをはじめとするロシア人作曲家の作品にも強い関心を寄せている。室内楽にも熱心で、現代作曲家の新作や、知られざる作品の紹介にも力を注いでいる。

 レパートリーに対するゲニューシャスの飽くなき探求心は、その多彩なディスコグラフィに反映されている。これまでリリースした『ラフマニノフ:前奏曲全集』(Piano Classics)、レデシャトニコフ、リャボフ、アルズマノフの作品を集めた『Emancipation of Consonance』、エイレン・プリチンとの共演による『ストラヴィンスキー/デシャトニコフ/チャイコフスキー:ヴァイオリンとピアノのための作品集』(Melodiya)、『ショパン:12の練習曲op.10、op.25』、『ブラームス:ピアノ・ソナタ第1番、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」』は、いずれも高い評価を得た。

 早くからその才能を認められ、15歳でロシア連邦から奨学金を授与される。その2年後にも“才能に恵まれた21世紀の若者”賞を受賞。定期的に演奏を行っている故郷リトアニアでも、数々の賞を贈られている。2015年から、さまざまな施設(刑務所、病院、収容施設など)にクラシック音楽の生演奏を届けるトロントの慈善プロジェクト「Looking at the stars」に参加している。

*****

“ゲニューシャスは入賞者にふさわしい才気煥発な演奏を披露した。しかし彼は、作品の構造を再創造する成熟した能力と、聴き手の心に過度に訴えない絶妙な表現力を兼ね備えていた。”
―「ガーディアン」紙(イギリス)

“今日のグローバルな音楽界で、同世代の演奏家たちが周囲のすべての人々を惹きつけようと躍起になる中、ゲニューシャスはより本質的な使命と向き合っていた。それは、どこまでも前衛的で現代の精神に合致した演奏スタイルを追求するという、困難な道である。”
―「コメルサント」紙(ロシア)

CONCERTS

ルーカス・ゲニューシャス ピアノ・リサイタル

2018年10月24日 (水) 19:00 開演 (18:30 開場)

紀尾井ホール

VIDEO&MUSIC

PAGEUP