ARTISTSアーティスト

合唱 VOCES8VOCES8

PROFILE


 VOCES8(ヴォーチェス・エイト)は、世界でもっとも刺激的で多才なヴォーカル・グループのひとつ。これまでに演奏した主要なホールには、ウィグモア・ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホール、マリインスキー劇場コンサートホール、台北ナショナル・コンサートホール(国家音楽院)、パリのシテ・ドゥ・ラ・ムジーク、ディジョン歌劇場、北京のナショナル・パフォーミング・アーツ・センター(NCPA)などが挙げられる。

 クラシックの合唱音楽を専門としながらも、彼らのレパートリーはルネサンスのポリフォニーからユニークな編成のジャズやポップスまでと幅広い。ヴォーチェス8のアレンジャー・イン・レジデンスであるジム・クレメンツは、彼らのよきパートナーである。

 ドイツ放送、ARTE、ラジオ・フランス・ミュジク、BBCラジオ3、クラシックFMなど、国際的なテレビやラジオにも定期的に登場している。
 CDも数多く、デッカ・レコードよりリリースされた『Eventide』(夕暮れ)は、2014年2月の全英オフィシャル・チャートのクラシック部門で2週にわたって第一位を記録した。『ヴォーチェス8ソング・ブック』や『VOCES8メソッド』など、アレンジ集や教材も出版している彼らは、楽譜出版社ペータースの大使に任命されている。

 アウトリーチ・プロジェクトや教育活動にも大変熱心に取り組んでいる彼らは、非営利団体であるヴォーチェス・カンタービレ音楽財団(VCM)の教育プログラムにおいても重要な役割を果たしている。

 彼らは、イングランド芸術評議会、音楽家慈善基金、音楽家のための名誉組合(Worshipful Company of Musicians)よりサポートを受けている。また、オフィシャル・スポンサーであるT.M.Lewin社にも支援を受けている。

GALLERY

PAGEUP