ARTISTSアーティスト

チェロ タチアナ・ヴァシリエヴァTatjana Vassiljeva

PROFILE


1994年ミュンヘン国際コンクール第2位入賞。2001年第7回ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール(パリ)でロシア人初の第1位、2005年フランス音楽大賞“海外の新人”賞を受賞し、国際的評価を確固たるものとした。
これまでにサンクトペテルブルク・フィル、モスクワ・ソロイスツ、パリ管、チューリッヒ・トーンハレ管、ベルリン・ドイツ響等と、ロストロポーヴィチ、テミルカーノフ、スピヴァコフ、エッシェンバッハ、キタエンコ、ユロフスキ、オラモ等の指揮で共演。近年の主な活動として作曲家自身の指揮によるペンデレツキ「ラルゴ」改訂版の世界初演、ゲルギエフ指揮ロンドン響とのエジンバラ音楽祭デビュー、レヴィ指揮イル・ド・フランス管とのツアーなどが挙げられる。またゲルギエフ自身の招請でサンクトペテルブルクのロストロポーヴィッチ・メモリアル・コンサートに出演、マリンスキー劇場管と共演した。
  ロッケンハウス、コルマール、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、ヴェルビエ等の音楽祭に出演、バシュメット、クレーメル、ヴェンゲーロフらと共演している。
CDは最新盤J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(Mirare)までこれまでに5枚のCDをリリースしている。
ロシアのノヴォシビルスク生まれ。6歳でチェロを始め、マキシム・ヴェンゲーロフやワディム・レーピンらを輩出した特別音楽学校でエフゲニー・ニロ フに師事。1994年にミュンヘン国際コンクールで第2位となり、その後はミュンヘン音楽大学でヴァルター・ノルタスに師事し、優秀な成績で卒業。続い て、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でダーヴィド・ゲリンガスに師事して修士号を得た。
 
 “驚くべき天才”と評され、非の打ち所のないテクニックとたいへん魅力的な響きの幅を併せ持つ音楽家として知られるが、そうした最高水準の妙技も、彼女 に備わった音楽的個性と楽想の豊かさ、それを伝える卓越した能力に比べれば、さほど重要ではないと言える。天性ともいえる音楽への強い衝動はバロックから 現代音楽に至る幅広いレパートリーにも反映されており、数々の作品の世界初演も行っている。

 2001年にパリの第7回ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクールでロシア人初の第1位グランプリを、2005年にフランス音楽大賞“海外の新人”賞 を受賞し、同世代を代表するチェリストとしての国際的評価を確固たるものとした。12歳で演奏活動を開始し、これまでにロシア国立交響楽団、モスクワ・ソ ロイスツ、ロンドン交響楽団、パリ管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、バーゼル交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、リトアニア・フィルハーモ ニー、東京フィルハーモニー交響楽団などと共演、ユーリ・テミルカーノフ、デイヴィッド・ジンマン、ウラディーミル・スピヴァコフ、ユーリ・バシュメッ ト、ドミトリー・キタエンコ、ミハイル・ユロフスキ、サカリ・オラモ、クリストフ・エッシェンバッハ、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴァレリー・ゲルギエ フらなどといった著名指揮者のもと演奏を行っている。

 2006年10月、クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団日本ツアーにメンバーとして参加、この公演と前後してパリのサル・プレイエルでのコ ンサートや、ロストロポーヴィッチ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団等との共演を行った。翌年5月には同管弦楽団により行われ たロストロポーヴィッチのメモリアル・コンサートに参加した。2007年はエルサレム室内管弦楽団との共演やジェームス・ジャッド指揮ニース管弦楽団との エルガーの協奏曲、ペンデレツキの指揮により彼のコンチェルト・グロッソを演奏するなど充実した活動を行った。2008年の主な活動としては、テミルカー ノフ指揮サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とのツアーやペンデレツキの「ラルゴ」改訂版の世界初演(作曲家自身の指揮による)、ゲルギエ フ指揮ロンドン交響楽団との共演によるエジンバラ音楽祭へのデビューなどが挙げられる。同公演の成功を受け、ゲルギエフ自身の招請でサンクトペテルブルク で行われたロストロポーヴィッチのメモリアル・コンサートに出演しマリンスキー劇場管弦楽団と共演、同年12月には東京で行われたゲルギエフ指揮ロンドン 交響楽団によるプロコフィエフ・ツィクルスに出演した。

 2009年はヨエル・レヴィ指揮イル・ド・フランス管弦楽団とのフランス・ツアーで幕を開ける。ナントのフォルジュルネではJ.S.バッハの無伴奏チェ ロ組曲の全曲演奏に取り組むほか、日本でシナイスキー指揮/読売日本交響楽団、小泉和裕指揮名古屋フィルハーモニー交響楽団との共演が予定されている。こ のほか2009年はプラハ春の音楽祭でイルジー・コウトと、また東京のフォル・ジュルネでは日本を代表する舞踊家勅使川原三郎と共演、ロンドン・カドガ ン・ホールでのヨエル・レヴィ指揮/イル・ド・フランス管弦楽団とのコンサート、ラ・グランジュ・デュ・メスレイ音楽祭への出演などが予定されている。

  室内楽奏者にも積極的に取り組み、ロッケンハウス、クロンベルク、コルマール、エルバ、シャンベリー、ラ・グランジュ・ドュ・メスレイ、フォル・ジュ ルネ、シュレスヴィヒ=ホルシュタインなど多くの国際音楽祭に出演、ヴィクトル・トレチャコフ、ヴラディーミル・スピヴァコフ、ユーリ・バシュメット、ギ ドン・クレーメル、マキシム・ヴェンゲーロフ、バイバ・スクリデ、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ、アントワン・タメスティ、カプソン兄弟、パウル・ バドゥラ=スコダらと共演している。特にバドゥラ=スコダとは2005年にベートーヴェンのチェロ・ソナタの全曲演奏を行った。2007年にはヴェルビエ 音楽祭にデビューし、バッハの無伴奏組曲を演奏した。ベルリン・フィルのメンバーとは定期的に室内楽で共演しており、先シーズンにはパリでブラームスの六 重奏とチェロ・ソナタを演奏、2008年秋には日本ツアーも行った。

 CDはストラヴィンスキー、ブリテン、デュティユー、ドビュッシーの作品を収録したCDでナクソス・レーベルからデビュー、以来これまでにACCORD レーベルから3枚のCDをリリースしている。ACCORDレーベルからの1作目ではシチェドリン、デュティユー、サーリアホ、シュニトケ、ストロッパ、ペ ンデレツキの無伴奏作品を収録、現代音楽に対するヴァシリエヴァの情熱を表す1枚となった。このCDはディアパゾン・ドールを受賞、続く2作目のCDでは フランク、シューベルト、ストラヴィンスキーの作品を収録した。ACCORDレーベルからの3枚目のCDはコダーイ、イザイ、チェレプニン、カサドの無伴 奏作品集で、批評家から絶賛されたこのディスクによって、彼女は“チェロ界の新たなディーヴァ”との評価を確かなものとした。。2008年にはペンデレツ キのチェロ協奏曲第2番をアントニ・ヴィット指揮ワルシャワ・フィルと録音、またバッハの無伴奏チェロ組曲のレコーディングも行った。

CONCERTS

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

2017年11月21日 (火) 19:00 開演 (18:30 開場)

サントリーホール

VIDEO&MUSIC

<共演:勅使川原三郎 >

チェロ協奏曲第1番サン=サーンス

無伴奏チェロ組曲第六番プレリュードよりJ.S.バッハ

GALLERY

PAGEUP