ABOUT US会社の歴史

HISTORY

1951年

5月1日大阪・曽根崎新地に設立
(代表者 梶本尚靖)
アーティスト・マネジメント、企画制作、コンサート・マネジメントを開始。

1952年

東京事務所を銀座に開設。
外国人アーティストの招聘、邦人アーティストの海外派遣など海外との業務に着手。

1966年

当時気鋭の若きピアニスト、ダニエル・バレンボイムを初めて日本に招く。

1967年

フランスの名ピアニスト、サンソン・フランソワを招聘。

1968年

フランスの名門、パイヤール室内管弦楽団を初めて日本に招く。

1970年

大阪万国博EXPO‘70クラシックスの一切の制作、宣伝業務を行う。

現代最高のピアニストのひとり、マルタ・アルゲリッチを初めて日本に招く。

20世紀音楽の発展に大きな貢献を果たしたパウル・ザッハーが率いる、チューリヒ・コレギウム・ムジクムの初来日を実現、武満徹『ユーカリプス』を世界初演(フルート:オーレル・ニコレ、オーボエ:ハインツ・ホリガー、ハープ:ウルスラ・ホリガー)。

1973年

フランスの天才トランペット奏者、モーリス・アンドレを初めて日本に招く。

フランスから打楽器アンサンブルの草分け、ストラスブール・パーカッション・グループを招く。

1975年

海外オーケストラ招聘の手はじめとして、サンフランシスコ交響楽団(指揮/小澤征爾)を招く。

1979年

團伊玖磨のオペラ『夕鶴』訪中公演のマネジメントを行う。

1980年

梶本尚靖がフランス政府よりフランス共和国国家功労章シュヴァリエを受章。

“ギターの神様”アンドレス・セゴヴィアの21年ぶりの日本公演を実現。(その後の1982年、90歳近くで再来日。)

1981年

ボストン交響楽団創立100周年世界ツアーの最初の公演国として日本公演を実現、指揮は小澤征爾。

1983年

ウラディーミル・ホロヴィッツの待望の日本公演をついに実現。(1986年にも再び招く。)

1984年

ヘルベルト・フォン・カラヤンとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を招聘。

齋藤秀雄没後10年メモリアルコンサートのマネジメントを行う。後にサイトウ・キネン・オーケストラへと発展。

1985年

“世紀のディーヴァ”ソプラノのジェシー・ノーマンを初めて日本に招く。

1986年

シカゴ交響楽団を招く。指揮はサー・ゲオルク・ショルティとダニエル・バレンボイム。(1990年に再び招聘。)

オランダの至宝、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を招聘。指揮はオイゲン・ヨッフムとウラディミール・アシュケナージ。

サントリーホール開館記念公演にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮/小澤征爾)を招聘。

“厳格なるマエストロ”セルジュ・チェリビダッケ率いるミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を日本に招く。

1987年

ウィスキーのCMの美声が爆発的な人気を呼んだソプラノ、キャスリーン・バトルの初来日公演を実現。

クリーヴランド管弦楽団を招く。指揮はクリストフ・フォン・ドホナーニ。

サイトウ・キネン・オーケストラの初のヨーロッパ公演のマネジメントを行う。

1988年

カラヤン最後の来日のマネジメントを行う。

1990年

エレーヌ・グリモーを招く。

1991年

クラウディオ・アバドの指揮によるヨーロッパ室内管弦楽団を招く。

1992年

梶本尚靖が取締役会長に、梶本眞秀が代表取締役社長に就任。

セルジュ・チェリビダッケの指揮によるミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を招くと同時に、独奏者として“幻のピアニスト”アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの12年ぶりの来日を実現、リサイタルも開催。

“当代随一の知性派巨匠”ピアノのアルフレッド・ブレンデルを招く。

1994年

世界屈指の名オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックを招く。

フランス国立リヨン管弦楽団を招く。指揮はエマニュエル・クリヴィヌ。

1995年

20世紀音楽の歩みを振り返り、21世紀の音楽を展望する「ピエール・ブーレーズ・フェスティバル in Tokyo」全13回公演を主催。

<参加団体・アーティスト>
ロンドン交響楽団/シカゴ交響楽団/NHK交響楽団
アンサンブル・アンテルコンタンポラン/IRCAM
P.ブーレーズ/D.バレンボイム/M.T.トーマス/D.ロバートソン
M.ポリーニ/P=L.エマール/G.クレーメル/J.ノーマン
スウィングル・シンガーズ

1996年

ロンドン交響楽団を招く。指揮はチョン・ミュンフン。

1997年

フランスのリヨン国立歌劇場を初めて日本に招く。指揮はケント・ナガノ。同管弦楽団を東京オペラシィコンサートホールのオープニングシリーズに提供するとともに、ビゼー『カルメン』公演(コンサート形式)を主催。
(東急文化村との共催)。

1998年

長野オリンピック冬季競技大会・長野パラリンピック冬季競技大会関連の文化プログラムの制作に携わる。
NHK交響楽団(指揮/シャルル・デュトワ)のアメリカ演奏旅行のマネジメントを行う。

1999年

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を招く。指揮はヘルベルト・ブロムシュテット。

2000年

ヨーロッパ有数の音楽祭と密接な連携をとった独自の音楽祭ツアー、「カジモト・ムジークライゼ」シリーズをスタート。

2001年

梶本眞秀がフランス政府よりフランス共和国芸術文化勲章オフィシェを受章。

クラシックコンサート専用のチケット販売サービス、「カジモト・イープラス」を開始。

パリ・リエゾン・オフィスを開設。

創立50周年を記念し、梶本尚靖による回想録『音と人と―回想の五十年』出版。

2002年

米国よりウィントン・マルサリス率いるリンカーンセンター・ジャズ・オーケストラを招く。

“完璧の体現者”ピアノのマウリツィオ・ポリーニとともにルネサンス期から現代まで人類の音楽遺産を体験する「ポリーニ・プロジェクト2002 in 東京」全9公演を主催。

<参加団体・アーティスト>
マウリツィオ・ポリーニ
ロンドン交響楽団/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
P.ブーレーズ/R.シャイー
A.シェーンベルク合唱団
M.マラスコ/Pガロワ 他

2004年

“伝統と革新”「パリ・シャトレ座プロジェクト」をスタート。第1弾、ジェシー・ノーマンのモノ・オペラ公演を実現(シェーンベルク「期待」/プーランク「声」、演出:アンドレ・ヘラ―)。

フランス国立管弦楽団の日本ツアーを実現。指揮はクルト・マズア。

パリ室内管弦楽団の日本ツアーを実現。指揮はジョン・ネルソン。

2005年

「パリ・シャトレ座プロジェクト」第2弾として、ベルリン州立歌劇場、シャトレ座との共同制作による『武満徹〜マイ・ウェイ・オブ・ライフ』を上演(演出:ベータ―・ムスバッハ、指揮:ケント・ナガノ、管弦楽:ベルリン・ドイツ交響楽団)。

ルネ・マルタンが1995年にフランスのナント市で創設した、クラシック音楽の民主化を目指す画期的な音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」の日本上陸を主導。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン“熱狂の日”音楽祭」(会場:東京国際フォーラム)としてスタートさせ、制作を担う。第一回テーマは「ベートーヴェンと仲間たち」。
「ラ・フォル・ジュルネ」とは?

大植英次が《トリスタンとイゾルデ》で日本人として初めてバイロイト音楽祭で指揮。

「諏訪内晶子 J.S.バッハ・プロジェクト2005」(共演:ヨーロッパ室内管弦楽団/フランソワ・ルルー)のマネジメントを行う。

上海事務所を開設。

映像界の鬼才、ブリュノ・モンサンジョンの作品上映とトークによる「モンサンジョンとの3日間 in Tokyo」を開催。

音楽監督・大野和士率いるヨーロッパ随一の歌劇場、ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)を初めて日本に招聘し、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』を主催・上演。

2006年

2年目を迎えた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は「モーツァルトと仲間たち」をテーマに70万人の来場者数を記録。

ネスカフェゴールドブレンド プレゼント「ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006」をサントリーホールと共催。9日間にわたり、クラウディオ・アバド率いるルツェルン祝祭管弦楽団のオーケストラコンサートを軸に、マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル、室内楽コンサート、ルツェルン祝祭チェンバー・フェストなどを行う。

「パリ・シャトレ座プロジェクト」第3弾として、ラモー「レ・パラダン-遍歴騎士」をBunkamuraと共催(演出・振付:ジョゼ・モンタルヴォ/ドミニク・エルヴュ、指揮:ウィリアム・クリスティ、管弦楽:レザール・フロリサン)。

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの26年ぶりの日本ツアーを実現。

2007年

3年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「民族のハーモニー」。来場者数100万人を突破する。

「日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト」(日比谷公会堂)のマネジメントを行う(出演:井上道義ほか)。

堤剛がサントリーホール館長に就任。

ハーディング指揮ロンドン交響楽団、エッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団など一流オーケストラをはじめ、ピアノのアンドレ・ワッツ、バリトンのマチティアス・ゲルネなど多くの著名アーティストを招聘する。

梶本眞秀がイタリア政府より、「イタリア連帯の星」勲章の中でも最高位「グランデ・ウッフィチャーレ章」を受章。

2008年

4年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「シューベルトとウィーン」。前年に続き来場者数は100万人を越えた。

「ラ・フォル・ジュルネ金沢」がスタート。

音楽教育を通じて貧困層の子供たちを犯罪から救い善良な市民への教育を図る「エル・システマ」(ベネズエラ政府支援)から生まれたシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ(現:ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団)を指揮者グスターボ・ドゥダメル(「エル・システマ」出身/初来日)、マルタ・アルゲリッチらと共に招聘。
「エル・システマ」とは?

ソプラノの名花キリ・テ・カナワの北京・NCPA(国家大劇院)での公演のマネジメントを行う。

ピアノの名匠、アンドラーシュ・シフを9年ぶりに招聘。

テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルによるチャイコフスキーの主要交響曲、主要協奏曲、バレエ曲などを集中的に演奏する「チャイコフスキー・フェスティバル」を開催。

ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団による、プロコフィエフの交響曲全曲と主要管弦楽曲、協奏曲を集中して演奏する《プロコフィエフ・チクルス》を開催。

ルネ・マルタンのプロデュースによる、ショパンのピアノ作品をその生涯に沿って全曲網羅する《ル・ジュルナル・ド・ショパン(ショパンの音楽日記)》を開催。

児玉桃の「メシアン・プロジェクト」(オリヴィエ・メシアン生誕100年/共演:カプソン兄弟ほか/全5公演)のマネジメントを行う。

2009年

4月1日に社名を梶本音楽事務所からKAJIMOTOに変更。以降、アートディレクターの佐藤可士和氏に、社のブランディングを依頼。

「ルツェルン・フェスティバル・イン・北京 2009」(於:北京・国家大劇院)のマネジメントを行う。クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団、ユジャ・ワンらをこれに招聘。

マウリツィオ・ポリーニの中国ツアー(香港、上海、北京)のマネジメントを行う。

日比谷公会堂「開設80周年記念事業」記念式典&記念コンサートのマネジメントを行う(出演:井上道義ほか)。

5年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「バッハとヨーロッパ」。鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン、舞踊家の勅使川原三郎らが初出演、ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブルなどが出演し、壮大なバロック音楽の祭典となった。

「スティーヴン・イッサーリス 室内楽プロジェクト2009」を制作。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(指揮/リッカルド・シャイー)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(指揮/ヘルベルト・ブロムシュテット)、ニューヨーク・フィルハーモニック(指揮/アラン・ギルバート)、バンベルク交響楽団(指揮/ジョナサン・ノット)、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(指揮/トゥガン・ソヒエフ)、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー(指揮/大植英次)等を招聘。

2010年

6年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「ショパンの宇宙」。生誕200年を迎えたショパンを盛大に祝った。来場者総数80万人以上、総合経済波及効果約113億円(丸紅経済研究所調べ)を記録。

「ラ・フォル・ジュルネ新潟」と「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」(滋賀)がスタート。

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの最後の日本公演を招聘制作・主催。

「マルタ・アルゲリッチ セレブレーションズ 2010」を招聘制作・主催。

2010年ショパン国際ピアノ・コンクールの優勝者ユリアンナ・アヴデーエワを招聘。シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団との共演をプロデュース。

ジャズ界の巨匠でグラミー賞アーティストのゲイリー・バートンを招聘。小曽根真との全国ツアーのマネジメントを行う。

ルネ・マルタンのプロデュースにより「ル・ジュルナル・ド・パリ“パリ印象主義時代の音楽日記” (1864-1922)」を東京・大阪・名古屋で開催。

ラドゥ・ルプーを9年ぶりに招聘(京都での1公演後、急病のため全公演をキャンセル/2012年に再来日が実現)。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(指揮/マリス・ヤンソンス)、フィラデルフィア管弦楽団(指揮/シャルル・デュトワ)、ロンドン交響楽団(指揮/ワレリー・ゲルギエフ)などを招聘。

2011年

北京オフィスを開設。

7年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「タイタンたち」で、ブラームス、リスト、マーラーを中心に19・20世紀ドイツ音楽を取り上げた。

「ラ・フォル・ジュルネ鳥栖」(佐賀)がスタートし、国内5都市での開催が実現。

イ・ムジチ合奏団の結成60年記念ツアー(全国20公演)を制作。

ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団(指揮/アントニオ・パッパーノ)、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(指揮/リッカルド・シャイー)、パリ管弦楽団(指揮/パーヴォ・ヤルヴィ)などを招聘。

2012年

8年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のテーマは「サクル・リュス(ロシアの祭典)」。モスクワ大司教座合唱団や500年の歴史を持つカペラ・サンクトペテルブルクなどが来日。渋さ知らズオーケストラが初登場。

マウリツィオ・ポリーニがルツェルン・フェスティバルでスタートさせた「ポリーニ・パースペクティヴ」を招聘制作・主催(共催:サントリーホール/全6公演)。
「ポリーニ・パースペクティヴ2012」特設サイト

マウリツィオ・ポリーニの北京・NCPA(国家大劇院)でのピアノ・リサイタルをNCPAと共催。

「日中国交正常化40周年記念・NHK交響楽団中国ツアー2012」(全3公演:北京・天津・上海)のマネジメントを行う。指揮は尾高忠明、ツアーソリストはサ・チェン。

「日露友好ショスタコーヴィチ・プロジェクト2012」(日比谷公会堂)のマネジメントを行う(出演:井上道義ほか)。

二夜にわたる「ダン・タイ・ソン:ベートーヴェン/ピアノ協奏曲全曲演奏会」(主催:すみだトリフォニーホール)を招聘制作。

ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(指揮/トーマス・ヘンゲルブロック)、バンベルク交響楽団(指揮/ヘルベルト・ブロムシュテット)、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(指揮/トゥガン・ソヒエフ)などを招聘。

2013年

9年目の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は「パリ、至福の時」をテーマに19世紀後半から現代まで、パリを彩ったフランス、スペインの音楽を取り上げた。

ロリン・マゼール指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の中国・韓国ツアーのマネジメントを行う。ツアーソリストはチャン・ハオチェン。

フランス・ブリュッヘン指揮 18世紀オーケストラの最後の日本公演をマネジメント。

アンサンブル・アンテルコンタンポランを18年ぶりに日本へ招く。指揮はスザンナ・マルッキ。

キャメロン・カーペンターの日本デビュー公演を招聘制作・主催。

”マルサリス・ファミリー”の長エリス・マルサリス、米ジャズ界をリードするクリスティアン・マクブライドとジェフ”テイン”ワッツを招聘。小曽根真との公演のマネジメントを行う。

トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団の中国ツアーのマネジメントを行う(北京、上海、武漢、天津にて全5公演)。ツアーソリストはタチアナ・ヴァシリエヴァ。

所属アーティストの諏訪内晶子が「国際音楽祭NIPPON」を立ち上げ、芸術監督に就任。

日越外交関係樹立40周年を記念し、ベトナム国立交響楽団(指揮:本名徹次)を招聘。

日本・ベネズエラ外交樹立75周年を記念し、エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカスを招聘。

ラドゥ・ルプーの再来日公演を実現させる。

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン交響楽団、マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団、シャルル・デュトワ 指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク交響楽団(指揮:井上道義)などを招聘。

2014年

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が10年目を迎える。「10回記念 祝祭の日 Jours de Fêtes 10人の作曲家と祝う10回記念」として盛大に開催。

世界的建築家の磯崎新が手がけた可動式のコンサートホールを会場とする「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2014 in 仙台」を9日間にわたり開催。

第3回 国際音楽祭NIPPON(芸術監督:諏訪内晶子)をマネジメント。パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団らが出演。

所属アーティストのアンドラーシュ・シフがピアノ・リサイタル「東北に捧げるコンサート」(会場:サントリーホール)を行い、出演料を被災地に全額寄付。

所属アーティストの小曽根真が、日本人ソロ・ピアニストとして初めてニューヨーク・フィルハーモニックと共演。

アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルハーモニック、リッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団、レナード・スラットキン指揮フランス国立リヨン管弦楽団、ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団、アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団などを招聘。

2015年

11年目を迎えた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が、新たなテーマ設定のもと、「PASSIONS(パシオン):恋と祈りといのちの音楽」として開催される。

「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2015 in 福島」を開催。

「終戦・被爆70周年:平和の夕べ」コンサートを東京と広島で開催。独奏者にマルタ・アルゲリッチを迎え、秋山和慶が率いる広島交響楽団が演奏。

エル・システマ創設40周年を記念し、テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラを招聘。

中国フィルハーモニー管弦楽団の13年ぶり、2度目の来日公演をマネジメント。ロン・ユーが指揮を務める。

ラテン・グラミー賞アーティスト、ディエゴ・エル・シガーラの10年ぶりの来日公演をマネジメント。

ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」を主催。

トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン交響楽団、トゥガン・ソヒエフ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団、グスターボ・ヒメノ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団などを招聘。

2016年

12回目の開催となる「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は、「la nature ナチュール - 自然と音楽」をテーマに、時代やジャンルの垣根を越え、自然にまつわるレパートリーを幅広く紹介。

アンナ・ネトレプコの11年ぶりの日本リサイタル・ツアーを主催・マネジメント。

第4回 国際音楽祭NIPPON(芸術監督:諏訪内晶子)をマネジメント。

マウリツィオ・ポリーニの来日公演にあわせて、「ポリーニ・プロジェクト ベリオ、ブーレーズ、ベートーヴェン ~ポリーニ・プロデュースによる室内楽」(東京・春・音楽祭)2公演をマネジメント。

チック・コリアを招聘。小曽根真とのピアノ・デュオ公演をマネジメント。

「没後20年 武満徹の映画音楽」(企画・全面監修:武満真樹)公演を主催・マネジメント。

ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団、レナード・スラットキン指揮フランス国立リヨン管弦楽団、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮バンベルク交響楽団、ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団などを招聘。

KAJIMOTO(旧:梶本音楽事務所)設立者の会長・梶本尚靖が5月1日に死去。

PAGEUP