Soprano

Akie Amou

Kajimoto

AKIE
AMOU
INTERVIEW
天羽明惠インタビュー

Soprano
Akie Amou

新鮮な気持ちで
向き合いながら、
進化し続ける、音楽への想い
ソプラノ 天羽明惠 インタビュー

TEXT BY HARUO YAMADA
PHOTOGRAPHS BY SHINJI MINEGISHI

この夏、ワルシャワで開催された第15回「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭に参加し、8月17日、広島交響楽団とシンフォニア・ヴァルソヴィアによる合同演奏会(秋山和慶指揮)で、ベートーヴェンの「第九」の独唱を務めた天羽明惠に、公演の翌日、ワルシャワのフィルハーモニーのラウンジで話をきいた。コロラトゥーラのイメージの強い天羽だが、第九」でも見事な歌唱をポーランドの聴衆に披露した。

第九』は、ベートーヴェンの求める音楽と楽器としての私に相違があると思って歌ってこなかったのですが、10年くらい前から歌い始めました。何度歌っても太刀打ちできない偉大な曲だなと思います。ポーランドは初めてでしたが、ワルシャワのフィルハーモニーは響き過ぎないすごくいいホールでした。コーラス(ポドラシェ歌劇場フィルハーモニー合唱団)も、初めて練習で聴いたとき、飛び上がるほど素晴らしかったです。ポーランドの人は、オーケストラの人も、お店の人もみんな優しいですね」

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

PHOTOGRAPH BY SHINJI MINEGISHI

天羽明惠(ソプラノ)
Akie Amou,Soprano

コロラトゥーラとリリックの声質を併せ持ち、内外で高い評価を得ている。1995年ソニア・ノルウェー女王記念国際音楽コンクール優勝。ジュネーヴ大劇場、ザクセン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパーなどヨーロッパ各地の歌劇場や音楽祭に出演。国内でも新国立劇場、サントリーホールなどへ定期的に登場し、主要なオーケストラの定期公演にもソリストとして出演している。

そんな天羽が、この秋、イ・ムジチ合奏団と初共演する。

あの《四季》のイ・ムジチとの共演ときいて、何がいいか考え、ヘンデルとモーツァルトにしました。私自身はバロックのスペシャリストではなく、オールマイティに活動していますが、バロック音楽は、戸田敏子、エルンスト・ヘフリガーらの先生にスタイルに関して厳しく教わりました。

セルセ》から「オンブラ・マイ・フ」は、本来カウンター・テナーの曲ですが、CMでのキャスリーン・バトルの歌唱で有名になりました。こういうレガートな曲と、もう一つは、ジュリオ・チェーザレ》から「この胸に息のある限り」のようなコロラトゥーラを発揮できる曲を選びました。

モーツァルトの《エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、幸いなる魂よ》は、私の何度も歌っているレパートリーです。イ・ムジチがどれだけ《四季》を演奏しても、毎回音楽が新鮮なように、私も新鮮な気持ちで歌いたいです。モーツァルトが私のために書いてくれたと思えるくらい作り込んで共演に臨みます。

イ・ムジチが素晴らしいアンサンブルを聴かせてくださるので、私は彼らにいかに歌わせていただくかだけですね。特にイタリア語は彼らの言葉ですから、彼らに伝わるように歌い、お客様にも届けたいです。素晴らしい方々と演奏すると、歌いやすくなるんですよ。とにかく彼らはすごいので、期待しています」

また、天羽は、オペラぺらぺらコンサート」というオペラ・ファンの裾野を広げる活動にも取り組んでいる。

声の高さでどういう役の分担がされるかとか、お芝居ではセリフを同時に重ねるとセリフが聞き取りにくいがオペラならできるとか、登場人物の立ち位置で人間関係がわかるとか、オペラのルールを具体的に知っていただくと、初心者もオペラ通の方々にも、オペラが楽しくなるという企画をしています。実演を交えて説明をして、オペラを観ていただきます」

サントリーホールのオペラ・アカデミーでは、後進の指導にもあたっている。

私は、1993年にオペラ・アカデミーが始まったときの一期生で、それ以来、ずっと関わっています。切磋琢磨してきた仲間と勉強してきたその恩返しもありますし、若い人にはそういう仲間を作ってほしいからです。私は、教えているというよりも、一緒に勉強している意識です。音楽を作る中でお互いに刺激しあって、一緒に上手になろうよ、と。私たちファカルティだってまだまだ成長期なので、若い人たちから刺激を受けて勉強していくこともたくさんあります。でも、教えていると、言っていることが全部自分でできるかのように勘違いしてしまいがちです。そういう先生病にはなりたくないので「私を先生とは呼ばないで』と言っています。彼らとは、あなたの音楽を作るお手伝いをしますという姿勢で接しています。受け身では音楽はできるわけありません。積極的に考えて、感じて自分の音楽を作ってもらいたい」

初めての国で歌い、初めてのアーティストたちと共演するなど、ますます活躍の場を広げている天羽明惠。進化を続ける彼女の歌声に注目したい。

DATE
2019.10.2 wed.
19:00
2019年10月2日(水)
19:00開演(18:30開場)
VENUE
サントリーホール
PROGRAM
モーツァルト:
ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ヘンデル:
オペラ「ジュリオ・チェーザレ」から この胸に息のある限り
オペラ「セルセ」から オンブラ・マイ・フ
(ソプラノ:天羽 明惠)
テレマン:
ディヴェルティメント 変ロ長調 TWV50:23
モーツァルト:
モテット「エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」K. 165
(ソプラノ:天羽 明惠)
ヴィヴァルディ:
ヴァイオリン協奏曲集「四季」op.8
(ヴァイオリン:マッシモ・スパダーノ)
TICKET
S¥10,000/A¥8,500/
B¥7,000/C¥5,000/D¥3,000

BUY TICKET

カジモトイープラス

主催 : KAJIMOTO
後援 :イタリア共和国大使館
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社

アップデートを続ける
老舗の味わい
──永遠のベストセラー、
イ・ムジチの「四季」

TEXT BY KATSUHIKO SHIBATA

いまクラシック音楽において“永遠のベストセラー”と呼べるものはどれほどあるだろうか? 「運命」等の名作やウィーン・フィル等の名楽団はそうかもしれない。だが、第一線に立ち続けるアンサンブルとなればイ・ムジチ合奏団を置いて他にいない。

ヴィヴァルディ:協奏曲集〈四季〉イ・ムジチ合奏団
ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季(第1番、第2番、第3番、第4番)ヴァイオリン協奏曲《恋人》/フィリックス・アーヨ(ヴァイオリン、イ・ムジチ合奏団/録音:1957-1959年/SHM-CD/HR カッティング仕様/UCCD-51057/定価¥1,700+消費税/発売:ユニバーサルミュージック

ロングセラーの食品も時の嗜好に合わせて味付けを変えるといった話をよく聞く。イ・ムジチもそうだ。実際に7種類の録音における「四季」の表現は意外なほど違うし、彼らの場合はおもにコンサートマスターによって変化する。さらにピリオド(古)楽器演奏の台頭以来、古典音楽の在り方も変わった。現在のイ・ムジチは、ピリオド奏法の良き面を取り入れた、歯切れ良い演奏を聴かせる。それはまさにロングセラー食品の味の変化に似ている。

しかしながら、イタリアの陽光のごとき明るさや温かみ、しなやかなカンタービレは、脈々と息づいている。メンバーを徐々に変えながら(今は初期メンバーの息子もいる)も引き継がれたその味は、老舗の鰻屋のタレのように保たれている。この両要素を合わせた“アップデートされる伝統”こそ“永遠のベストセラー”たるゆえんであろう。

そして何より、彼らの演奏は聴く者に幸福感を与えてくれる。今回は伝統の味が全面に染みる18世紀音楽のみのプログラム。むろん「四季」はあるし、天羽明惠の清澄な歌声とのコラボが新たに耳を潤す。この秋もまた“永遠のベストセラー”に触れて、無類の幸福感を味わいたい。

I Musici : The Four Seasons

PROFILE

イ・ムジチ合奏団 I musici

1952年、12人の若く才能溢れるサンタ・チェチーリア音楽院の卒業生たちによって結成。編成は、ヴァイオリン6人、ヴィオラ2人、チェロ2人、コントラバス1人、そしてハープシコード。同年3月30日、彼らの公式デビュー・コンサートがサンタ・チェチーリア音楽院で行われ、大成功を収めた。翌4月、ラジオ放送用にリハーサルしているイ・ムジチを聴いた大指揮者トスカニーニが、ジャーナリストの前で彼らについて熱っぽく語り、自らの写真に「素晴らしい!絶品だ!まだ音楽は死んでいなかった!」という言葉を寄せて彼らに贈ったのだ。その後の驚異的な数々の成功の始まりであった。時を超え、2011年には結成60年記念ツアーを世界中で行い、日本でも新たなイ・ムジチ旋風を巻き起こしている。

彼らの録音したヴィヴァルディの『四季』は世界中で空前のバロック・ブームをもたらし、日本でも記録的なセールスを記録した。結成以来半世紀余、イタリアの高く突き抜ける青空のように明るい彼らのサウンドは、今も世界中の人々の心を幸福感で満たし続けている。

ヴァイオリン:マッシモ・スパダーノ/エットーレ・ペレグリーノ/ユディータ・ハンザ/パスカル・ペレグリーノ/フランチェスカ・ヴィカリ/ジャンルカ・アポストリ ヴィオラ:マッシモ・パリス/シルヴィオ・ディ・ロッコ チェロ:ピエトロ・ボスナ/ファビオ・ファウゾーネ コントラバス:ロベルト・ガンビオーリ チェンバロ:フランチェスコ・ブッカレッラ

天羽明惠(ソプラノ)|Akie Amou,Soprano

コロラトゥーラとリリックの声質を併せ持ち、内外で高い評価を得ている。1995年ソニア・ノルウェー女王記念国際音楽コンクール優勝。ジュネーヴ大劇場、ザクセン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパーなどヨーロッパ各地の歌劇場や音楽祭に出演。国内でも新国立劇場、サントリーホールなどへ定期的に登場し、主要なオーケストラの定期公演にもソリストとして出演している。1999年度アリオン賞、2003年新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。

サントリーホール・オペラアカデミーのコーチング・ファカルティとして、若手の指導にも力を入れている。日本ロッシーニ協会運営委員。

公式ホームページ http://akieamou.com/

SCHEDULE

20199.28sat.

15:00

福井/福井県立音楽堂ハーモニーホールふくい

【プログラムC】

問:ハーモニーホールふくいチケットセンター /0776-38-8288

20199.29sun.

14:00

大阪/ザ・シンフォニーホール

【プログラムA】

問:ABCチケットインフォメーション/06-6453-6000

201910.1tue.

19:00

広島/ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ

【プログラムA】

問:リーデンローズチケットセンター/ 084-928-1810

201910.2wed.

19:00

東京/サントリーホール

【プログラムC】

問:カジモト・イープラス/0570-06-9960

201910.3thu.

19:00

金沢/石川県立音楽堂 コンサートホール

【プログラムD】

問:石川県立音楽堂チケットボックス/076-232-8632

201910.4fri.

14:00

神奈川/ミューザ川崎シンフォニーホール

【プログラムB】

問:神奈川芸術協会/045-453-5080

201910.5sat.

14:00

岩手/奥州市文化会館 (Zホール)

【プログラムA】

問:奥州市文化会館/0197-22-6622

PROGRAMA

「セレナータ・イタリアーナ」

  • ロッシーニ:
    弦楽のためのソナタ第1番 ト長調
  • プッチーニ:
  • シニガーリャ:
    スケルツォ op.8
  • ヴェルディ:
    アヴェ・マリア(オペラ「オテロ」から)
  • ボッシ:
    ゴルドーニ間奏曲 op.127
  • ヴィヴァルディ:
    ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8
PROGRAMB

「バロック・セレブレーション」

  • コレッリ:
    合奏協奏曲 ヘ長調op.6-2
  • サンマルティーニ:
    合奏協奏曲 ニ長調 op.2-6
  • エイヴィソン:
    合奏協奏曲第5番 ニ短調(スカルラッティ原曲)
  • ヴィヴァルディ:
    4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 「調和の霊感」
  • ヴィヴァルディ:
    ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8
PROGRAMC

with 天羽明惠(ソプラノ)

  • モーツァルト:
    ディヴェルティメント ニ長調 K.136
  • ヘンデル:
    オペラ「ジュリオ・チェーザレ」から この胸に息のある限り
  • ヘンデル:
    オペラ「セルセ」から オンブラ・マイ・フ
  • テレマン:
    ディヴェルティメント TWV 50:23
  • モーツァルト:
    モテット「エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、幸いなる魂よ)」K.165
  • ヴィヴァルディ:
    ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8
PROGRAMD
  • ピアソラ:
    ピアノと室内オーケストラのための3つの小品から「フーガ」
  • ガルデル:
    首の差で
  • 小松亮太:
    夢幻鉄道
  • ピアソラ:
    ブエノスアイレスの四季
  • ヴィヴァルディ:
    ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8