2011.3.10(Thu)


●ユース・カラカス管の来日迫る!「エル・システマ」そもそも講座2~「エル・システマ」とは?~

ベネズエラについてご紹介した前回のパート1につづき、本日はいよいよ、指揮者グスターボ・ドゥダメルやトランペット奏者フランシスコ・フローレスを生んだベネズエラの画期的な音楽教育システム「エル・システマ」についてお話します。


<そもそも>
英語で「The System」を意味する「エル・システマ El Sistema」とは、ベネズエラが国家事業として行っている音楽教育制度のこと。
これを運営している

「FESNOJIV(Fundación del Estado para el Sistema Nacional de Orquestas Juveniles e Infantiles de Venezuela/国立ベネズエラ青少年児童交響楽団システム)」

の略称が「エル・システマ El Sistema」であり、制度そのものもこう呼ばれるようになりました。
公式サイトはこちら!

<誕生:アブレヴ博士>
ベネズエラで「エル・システマ」が始まったのは1975年。
創設者でベネズエラ出身のホセ・アントニオ・アブレヴ博士(1939-/今月、来日します!)は、石油経済学を学んだ研究者・教育家ですが、音楽も大の得意(演奏指導のほか、指揮もします!)。
過去にベネズエラの文化大臣を務めたこともあったアブレヴ博士の熱意と呼びかけにより、優秀な指導者が集まり、ベネズエラが国をあげてこの画期的な音楽教育を支援していくことになります。

<「エル・システマ」は何を目指しているの?>
「エル・システマ」では、青少年がおもに楽器の奏法やアンサンブル(合奏)を学びます。
そのいくつかの"目的"を挙げてみると・・・

「規律」のあるクラシック音楽、とくに「合奏」を通じて、子供たちに協調性や調和、他人への思いやり、自己表現などを学んでもらい、健全な市民に育ってもらう

・ 子供たちに放課後を「安全」かつ「有意義」にすごす環境を与えることで、銃やドラッグなどの犯罪や危険から彼らを守る。児童の更生(犯罪が激減したそうです)。
(ベネズエラの学校は午前のみなので、「エル・システマ」に通う子供たちは、平日の午後、毎日4時間ほどみっちり練習するのです)


<「エル・システマ」で学べること>
「エル・システマ」では様々なことを学ぶことができます。その主なものを挙げてみます。

楽器演奏の基礎
「エル・システマ」では、(西洋クラシック音楽の)オーケストラの楽器の奏法を、先生や先輩が基礎から教えてくれます。
※なんと、国が楽器レンタル費とレッスン費を負担してくれるので無料です!
幼少の子供たちは、しばらくは紙で作った楽器を使って合唱をしたり踊ったりするそうです。

指揮や合唱、ソルフェージュも習えます

例:こちらはめずらしい「ホワイト・ハンズ・コーラス」の様子。歌をうたうことの出来ない子供たちが白い手袋をした両手で"合唱"します(ページの下のほうの写真をご覧ください)。
http://www.fesnojiv.gob.ve/en/the-white-hands-chorus.html

合奏
「エル・システマ」は、地域、奏者の年齢、奏者のレヴェルなどに合わせて大小・多数のアンサンブルやオーケストラを持っています。
その中でも特筆すべきは・・・

「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ」
団員:中高生~20代後半
「エル・システマ」の中でもトップ・レヴェルで、オーディション出願者が多数!
2008年にドゥダメルとともに初来日。
これまで、クラウディオ・アバドやサイモン・ラトルが客演指揮。

「エルシステマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス」
(=カラカス・シンフォニー・ユース・オーケストラ)
団員の年齢:16歳~22歳(シモン・ボリバル音楽院およびカラカス音楽大学の生徒)
今月、初来日公演を行うオーケストラ!
これまで、クリスティアン・バスケス、ドゥダメルらの指揮で演奏。
ベネズエラ以外に、コロンビアやトリニダード・トバゴでも演奏している。




「テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ」
団員の年齢:14歳~20歳
名称はベネズエラが誇る伝説的なピアニスト・歌手・指揮者の故テレサ・カレーニョ(1853-1917)にちなんでいます。
これまで、ドゥダメル、バスケス、パールマン、ヨーヨー・マらと共演。



今月来日するバスケス


*****

エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカスは、いよいよ今月、来日です。
3月31日はぜひ、サントリーホールへ南米の風を堪能しにいらしてください!

公演情報



次回のブログのテーマは"日本における「エル・システマ」"。乞うご期待ください!


「エル・システマ」の関連記事

日本・ベネズエラ音楽交流支援委員会ブログ

Thursday March 10, 2011