2008.9.22(Mon)


★クラシックとジャズの出会い--"MOZART meets JAZZ"公演レポート

 "MOZART meets JAZZ"ツアーが始まりました。
 「本当に、幸せな気分になれるコンサート。1人でも多くの方に聴いてほしい!」と、同行している弊社マネジャーが、幸せ気分いっぱいのメールを送ってきました。
 クラシックとジャズの出会いが生む幸せな感動を、一足お先にレポートで味わってみてください。


 "MOZART meets JAZZ" 小曽根真&パキート・デリヴェラ with オーケストラ・モズアートのツアーが始まりました!
 9月20日大阪を皮切りに全国4ヶ所を巡ります。

 キューバ出身の天才クラリネット奏者パキートは、とても気の良い、明るく、楽しいキャラクター!
 歩いていても、食事していても、ちょっとしたことをヒントにリズムをとって、歌いだしてしまいます。それが、またとても楽しくて、すごいリズミックな音楽。
 さすが、ラテン系。

 現代にモーツァルトが生きていたら、きっとこんな人だったのではないかと思わせる音楽界の革命児、小曽根真。
 このツアーでは、前半がクラシック、後半がジャズ......どんなコンサートになるのでしょうか?

 9月20日、大阪のシンフォニーホールに到着後、即リハーサルを開始。
 アイデアやフレーズを少し話すだけで、すぐに音楽を奏で始める天才2人は、本番さながらのジャズ・セッションを繰り広げました。

OzonePaquiroクラ協リハ2008.09.20大阪シンフォニー.JPG

 久しぶりのパキートとのデュオを楽しむ小曽根。パキートの明るく綺麗なサウンドに本番が待ちきれない様子です。

Ozoneリハ2008.09.20大阪シンフォニー.JPG

 大阪公演は、お客様を巻き込んで大盛況♪
公演終了後の笑顔の二人!
 ちなみに、色違いのおそろいシャツは、パキートから小曽根へのプレゼントです。

OzonePaquiro楽屋にて2008.09.20大阪シンフォニー.JPG

 さて、コンサートの内容はと言えば......。
 名古屋、福岡、東京公演でぜひご体験下さい!

[9/26 東京オペラシティ公演情報はこちら]

Monday September 22, 2008