2008.5. 8(Thu)


●ゲルギエフ&ロンドン響「プロコフィエフ・チクルス」いよいよ発売!

こんにちは!
皆様は先日の連休、いかがお過ごしでしたか?
ラ・フォル・ジュルネ音楽祭には来ていただけましたでしょうか?
今年も盛り上がりましたよ~。
弊社のスタッフは例年通り総出体勢。皆、寝不足の目をこすりながらも、たくさんのお客様やアーティストに囲まれて仕事しておりました。(もちろんバタバタしながら)


さて
いよいよ明日から、今年の秋の最大の話題のひとつ
大人気指揮者ワレリー・ゲルギエフ&ロンドン交響楽団による   
《プロコフィエフ・チクルス》  
   
の5公演セット券の
カジモト・イープラス会員限定先行受付の開始です。


LSO in St LukescClive BARDA600dpi.jpg


[プロコフィエフ・チクルス5公演セット]
カジモト・イープラス会員限定先行受付
5月9日(金)12時 ~ 5月14日(水)18時 (終了しました)

一般発売
5月24日(土)10時 ~ 6月1日(日)18時 (終了しました)

なお、単券の発売は以下の通りです

カジモト・イープラス会員限定先行受付
6月11日(水)12時 ~ 6月16日(月)18時 (終了しました)


一般発売 6月22日(日)10時~

11月30日(日)15時開演 サントリーホール
12月2日(火)19時開演 サントリーホール
12月3日(水)19時開演 サントリーホール
12月4日(木)19時開演 サントリーホール
12月5日(金)19時開演 サントリーホール

ベートーヴェンの交響曲全曲演奏とか、ブラームスの交響曲全曲演奏というのは
時々ありますが
プロコフィエフの交響曲が全曲演奏される、という機会は滅多に、というよりまずありません
しかも、それを「プロコフィエフは自分にとって最も重要な作曲家だ」と以前から何度も口にしているゲルギエフの指揮によるものですし、
交響曲以外にも、名作「ピーターと狼」「ロメオとジュリエット」のほか、ゲルギエフのたっての希望で名手ワディム・レーピンや、若手チェリストのホープ、タチアナ・ヴァシリエヴァアレクセイ・ヴォロディンが参加しての協奏曲など、
現在望み得る、最高のプロコフィエフ演奏が展開されることは想像に難くありません

・・・と言いますか、もう既にこのコンビは2004年、地元ロンドンでこのチクルスを行っていて、それはCD(ユニバーサルミュージックより発売)にもなって世界中で高い評価を受けていますから、もう何といいますか素晴らしくなることは確実
ぜひ多くの方に聴いていただけたら、と思います

プロコフィエフという作曲家の音楽にも色々な顔があり、
すごく攻撃的だったり、
ちょっと苦味を効かせながらもすごくロマンティックだったり、
深刻だったり、ほのぼのしてたり、
モダンだったり粗野だったりetc・・・
僕なんかもそんな多面的な作曲家を、今回のプロジェクトでまるごとひっくるめて
理解できたらいいな、と楽しみにしています

ゲルギエフ2(C)Decca_Marco_Borggreve.jpg

そしてゲルギエフも今まで日本には、色々なオーケストラを率いて来たり、
オペラを上演したり、または日本のオーケストラを指揮して
いつも異常なくらい精力的な姿を見せてきましたが
今回は新しく音楽監督に就任した、超名門ロンドン交響楽団との来日ですし、
今までよりもっと凄い、新しいゲルギエフが体験できるのではないかな、
とこれまた期待している僕です。


⇒チケットのお申し込みはコチラから
11月30日(日)15時開演 サントリーホール
12月2日(火)19時開演 サントリーホール
12月3日(水)19時開演 サントリーホール
12月4日(木)19時開演 サントリーホール
12月5日(金)19時開演 サントリーホール


イープラスにも特集ページがあります。ぜひご覧下さい
⇒コチラ

Thursday May 8, 2008