2008.4.10(Thu)


★ピエール=ロラン・エマール フーガの技法レポート

 この夏、ついに日本でもJ. S. バッハ「フーガの技法」を披露するということで、大きな注目を集めているピアニスト、ピエール=ロラン・エマール。先日、パリで「フーガの技法」についてのレクチャーコンサートを行いました。
 学生時代ピアノを専攻し、留学経験もある弊社スタッフが、パリ出張の折にプライヴェートの時間を割いて、聴講してきました。


3月29日 シテ・ドゥ・ラ・ムジーク(パリ)
ピエール=ローラン・エマール レクチャーコンサート
J.S.バッハ:フーガの技法 BWV1080

 シテ・ドゥ・ラ・ムジークはピエール・ブーレーズが創ったホールで、凝った照明や舞台演出ができるような会場です。博物館などが隣接しており複合的な印象を受けました。
 レクチャーコンサートの全体な流れは、エマールとナビゲーターによるディスカッション形式。1曲ずつアナリーゼをし、エマールがそれを踏まえた演奏を行います。
 フランス語の分からない私にも、とても分かりやすく進められ、自分が勉強した頃を思い出しました。客層は青少年というより子供が多く、また楽譜を手にして学ぶというよりは、頭と耳でバッハを体感していく感じのレクチャーコンサートでした。

Aimard (c)Felix Broede  DG.jpg

 また、2月にロンドンのウィグモアホールで行われたリサイタルでも、エマールはフーガの技法を演奏しています。
 こちらの模様は、6月6日(金)22時30分からNHK教育テレビ「芸術劇場」で放送される予定です。
チケットをご購入された方も、まだ迷っておられる方も、ぜひご覧下さい! エマールのバッハ、素晴らしいですよ。

 また、4/11、12に行われたNHK交響楽団との共演(メシアン「トゥランガリラ交響曲」)は、5月11日(日)21時よりNHK「N響アワー」で放映されます。

 ユニバーサル ミュージックのサイトでも最新CD「フーガの技法」が試聴できます。お気に召したらぜひお買い求めください。
 試聴ページはこちら。

[7/15 東京オペラシティ公演情報はこちら]

Thursday April 10, 2008