2008.3. 5(Wed)


●ゴールデンウィーク名物「ラ・フォル・ジュルネ」がいよいよ発売!

 みなさん、こんにちは。
 3月に入り、日差しが春らしく暖かになってきましたね。
 春だなぁ、うれしいなぁ、と思う反面、花粉症が......は、はっくしょん! しばらくは、こんなくしゃみに悩まされそうです。あぁ、花粉症の終わるゴールデンウィークが待ち遠しい!


 ゴールデンウィークと言えば、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が今年も開催されます!
シューベルト原画軽い.jpg
 今年のテーマは「シューベルトと仲間たち」。ご存知「歌曲王」と呼ばれるシューベルトですから、今回は声楽のリサイタルが多いのが嬉しいですね。「野ばら」「魔王」「水車小屋の乙女」「白鳥の歌」......。
 もちろん、声楽以外にも聴きどころは盛りだくさん。ピアノやヴァイオリンのリサイタル、室内楽、管弦楽。カジモト・イープラスの会員の方なら、ご説明は不要ですよね。
 今年も、有名アーティストのコンサートが目白押し。それに加え、まだ日本では無名の演奏家でも掘り出しモノ(?)が大勢出演しています。すでにフランスのナントで、同じ内容が行われましたが、注目アーティストが何人も。数人についてはこちらの公式ブログでもレポートされています。

 今年から、カジモト・イープラス会員の方、イープラス会員の方のための「先着先行受付」を行うことになりました。これで人気公演のチケットも押さえやすくなりました。ぜひご利用ください。
[お申込みはこちら]※すぐチケ対象公演なので手数料が無料です。

 さて、全コンサートの内容ですが、こちらをご覧ください。
 毎年お決まりですが「これがクラシックの音楽祭のスケジュール?」というセリフが思わず飛び出してしまいそうですよね。まるでテレビの番組表のようです。
 「ボクはこのアニメ見たい」「じゃあ、その次の時間はお父さんと一緒に野球を見よう」なんて、新聞のテレビ欄に家族で印を付けたりしませんか? そんな風にコンサートを選べるって、とっても楽しいことですよね。

 実際、「ラ・フォル・ジュルネ」のお客様には、ご家族でいらっしゃる方がとても多いのです。おじいちゃんおばあちゃんからお孫さんまで、3世代でいらっしゃる方も!
 たまには、ご自分だけでなく、ご家族と一緒にクラシックのコンサートを楽しんでみませんか?

 そうは言っても、うちの家族は「クラシックは長くて退屈」なんて言ってるし......という方でも大丈夫。どの公演も1時間以内なので、初心者の方でもお子さんでも十分集中できる長さのコンサートですし、何と言ってもチケットがお手頃価格! 家族4人でも通常のコンサートのチケット1枚分程度のお値段です。

 うちの子はまだ小さくて......という方でも大丈夫。0歳以上、3歳以上のお子さんから入場可能な公演もたくさんあります。「ラ・フォル・ジュルネ」のお客様は穏やかな方が多く、そんなコンサートでお子さんがちょっとぐらい音を立ててしまっても目くじらを立てる方はいません(とは言っても音のマナーにはご注意くださいね)。
 遠慮して後ろの席に座るよりも、前の方の席で直接音を体感する方が、お子さんが集中できてぐずったりすることが少ない、という意見もあります。ぜひお試しを!

 うちの夫はロック小僧でクラシックとはジャンルが......という方も、ぜひご主人をお連れください。会場には、パンク・ファッションに身を包んだ少年少女や、ヘヴィ・メタ青年もたくさんいらっしゃいますよ。

 コンサートのチケットが1枚あれば、学生オーケストラの無料コンサートを聴いてみたり、
無料コンサート会場軽い.jpg 展示ホールでの無料公演(2007)

屋台村でおいしいものを食べたり、
地上広場でのコンサート軽い.jpg 屋台村横キオスクでの公演(2007)

キッズ・プログラムに参加したり、講演会を聞いたり、グッズコーナーでお土産を買ったり、1日中遊べます(注:有料コンサートのチケットや整理券が必要なものも)。
 それに、会場内ではお客様はもちろん、スタッフや演奏家もごちゃまぜになって歩き回っていますから、「さっきピアノ弾いてた人だよ、お父さん、見て見て!」「おぉ、サイン頼んでみようか」なんてこともあるかもしれません。
会場ロビー軽い.jpg ロビーはこんな感じ(2007年)

 お父さんの威厳で、またはママの権限で、まずは公演を1つか2つ選び、ご家族の前売券をご購入されては? 実際に公演を聴いてみて「これならもう1つ聴きたい」というお兄さんは当日券を買えばいいし(もちろんチケット選びを手伝ってくれるコンサートソムリエもいます)、「キッズ・プログラムも面白そう」というお嬢ちゃんはそちらに参加してもいいですね。「ちょっと疲れたから待ってるよ」というおじいちゃんは屋台村で休憩とか。お茶はもちろん、お酒だって飲めちゃうのがいいですよね(某テーマパークじゃ飲めませんから!)。

 いかがでしょう? 全世代、全ジャンル(?)の方々が、オリジナルな楽しみ方のできる「ラ・フォル・ジュルネ」。クラシックをご自分だけの楽しみにしておくなんてもったいない! ご家族のほか、カップルで参加してもよし、お友達、お仲間を大勢誘ってもよし。人数が多い方が、いろいろな楽しみ方ができますよ。ぜひぜひご参加ください!

[5/2~5/6 東京国際フォーラム 楽しくて、お値段も手頃で、ちょっとかしこくなれる夢のイベント、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」公演情報はこちら]

Wednesday March 5, 2008