2008.2.12(Tue)


◆ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2008 記者発表

ラ・フォル・ジュルネ、いよいよ本格始動!


2月12日(火)、東京国際フォーラムにて、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2008の概要が発表されました。


前回来場者数100万人を超えた前代未聞の音楽祭の記者発表とあって、当日は新聞・雑誌・放送などメディア関係者、およそ170名以上が詰め掛ける中、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンさんより「シューベルトとウィーン」というテーマのもとに展開される今年の音楽祭の特徴や、コンサートの内容などを紹介。シューベルトとその時代のみならず、21世紀の今につながる生き生きとしたシューベルト像を描きだそうとする今回の意欲的な企画は、ますます進化するラ・フォル・ジュルネを印象付けました。


アーティスティック・プロデューサーを務めます弊社社長、梶本眞秀は、「アートが社会に対して何ができるか、その答えをLFJが提案できるかもしれない」と、ラ・フォル・ジュルネの可能性や今後のビジョンについて語りました。


また、今回の音楽祭のアンバサダーを務めていただいている脳科学者の茂木健一郎さんもゲストとして登場。「ラ・フォル・ジュルネは敷居は低いが、そこには本物の音楽だけがある!」と、熱のこもった応援演説をいただきました。
 
 


 
 

記者発表の様子
記者発表の様子


ルネ・マルタンさん
ルネ・マルタンさん


茂木健一郎さん
茂木健一郎さん

Tuesday February 12, 2008