DATE
2021.3.17 wed.
18:30
2021年3月17日(水)
18:30開演(17:45開場)
VENUE
サントリーホール 大ホール
PROGRAM
第1部
「夜明け前「一人舞「越境者「走る黄金の小僧」
第2部
「月の光「七星「祈夜(きや「曙光(しょこう
TICKET
全指定席S席sold out/A席7,000円/
学生券3,500円(税込)

BUY TICKET

カジモトイープラス
イープラスチケットぴあ
サントリーホールチケットセンター

主催 : KAJIMOTO
企画・制作:遙[ハル]
後援:浅野太鼓文化研究所、太鼓の里 浅野
協力:東京音協、英哲太鼓の会

太鼓を
たった一人で打つ大舞台、
一世一代の独奏を、
50年の節目に
やらせて頂きます。

私が思う太鼓の音は、精神の深いところで鳴る音、
森羅万象や宇宙意識に通じていくような音、という感覚があります。
たんなる賑やかしだけではない太鼓の深い命の響き、
その律動が、19の時から50年もの間、私を支えてくれました。
わけもわからず乗ってしまった舟が、絶望の海に漂うこともありましたが、
漕ぎ続ければ「絶望」ではない「絶世の未来」の岸辺が待っているかもしれない、
そう思い続けた、その願いを込めた今回のサントリーホール「ひとり舞台」です。

60代最後の今年は、東日本大震災から十年、
さらに度重なる自然災害、追い打ちをかけるコロナ禍―
多くの多難な人々の「祈り」と太鼓打ちの役割「厄払い」も併せて、
力の限り、良き未来へと再生する命の響きを奏でたいと思っております。

林英哲

NEWS

2021.03.12
【新型コロナウイルス感染症予防対策についてのお願い】林英哲演奏活動50周年記念公演 独奏の宴─「絶世の未来へ」にご来場の皆様へ

2021.03.12
道なき道を進み、世界中の聴衆を魅了し続けた50年の軌跡。未曾有の時代に、祈りを込めた太鼓が鳴り響く。太鼓奏者・林英哲インタビュー

BUY
TICKET

チケットを
購入する