Constantin Trinks Constantin Trinks
©Marco Borggreve
Constantin Trinks Constantin Trinks
©Marco Borggreve
Constantin Trinks Constantin Trinks
©Marco Borggreve
Constantin Trinks Constantin Trinks
©Marco Borggreve
  • ARTIST
  • CONDUCTOR

Constantin Trinks

コンスタンティン・トリンクス

ドイツのカールスルーエ生まれ。同地の音楽院で指揮法をヴォルフ=ディーター・ハウシルトに、ピアノをギュンター・ラインホルトに師事した。トーマス・ヘンゲルブロックとクリスティアン・ティーレマンからとりわけ大きな音楽的影響を受け、歴史的な情報にもとづく古楽奏法(HIP)への見識と、力強くロマンティックな音楽作りを特徴とする。

早くに才能を開花させ、2002年にザールブリュッケンのザールラント州立劇場に着任。数年後には2006年から2009年まで、同劇場の暫定音楽監督の任にあった。ドイツのカペルマイスターの伝統に深く身を浸し、トリンクスは真の意味で音楽家であり続けながら、開かれた心で幅広いレパートリーに向き合っている。ザールブリュッケンで定着させたオペラ作品として、ノーノの《不寛容1960》《ラ・ボエーム》《ドン・ジョヴァンニ》《魔笛》《ラインの黄金》《ローエングリン》《サロメ》《カルメン》《ドン・カルロ》《椿姫》《カヴァレリア・ルスティカーナ》《道化師》、サッリネンの《クレルヴォ》、タン・ドゥンの《始皇帝》(ヨーロッパ初演)が挙げられる。

2009年、ダルムシュタット州立劇場の音楽監督に就任。初めて取り組んだ《ニーベルングの指環》は世界中の批評家たちから高い評価を得た。その後、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》《パルジファル》《フィデリオ》《アイーダ》を取り上げ、オルフの初期作品《犠牲》(のちにDVDをリリース)の世界初演を、同じくオルフの《時の終わりの劇》の上演とあわせて行った。

2018/2019年シーズンには、シアトル・オペラで《ねじの回転》、ローマ歌劇場で《メリー・ウィドウ》、バイエルン州立歌劇場で《後宮からの誘拐》と《アラベラ》(同作品は2019年1月にパリのシャンゼリゼ劇場でも上演)、プラハ国立歌劇場で《ローエングリン》(2017/2018年シーズンにプラハの春音楽祭などで大成功を収め再演が決定)、アン・デア・ウィーン劇場で《オイリアンテ》を振るなど、多数の一流オペラ・ハウスに定期的に客演している。

ワーグナー作品で卓越した手腕を発揮することで知られ、ワーグナーの生誕200年を祝い、2013年に《さまよえるオランダ人》を、同作が170年前に初演された地ドレスデンで振った。このほか《タンホイザー》を東京、ストラスブール、ベルリン・ドイツ・オペラ、フランクフルトで、ワーグナーの最初のオペラ《恋愛禁制》をバイロイト音楽祭とストラスブールのラン国立オペラ座で、それぞれ指揮した。

コンサート指揮者としても定評があり、今後の予定では、ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団、パリ室内管弦楽団、hr交響楽団、ウィーン放送交響楽団(リンツのブルックナーハウス)、バンクーバー交響楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ノルウェー国立オペラ管弦楽団との共演が決まっている。また、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団との共演でヘンスラー・レーベルにライブ・レコーディングしたハンス・ロットの交響曲第1番は、2017年10月にエコー・クラシック賞に輝いた。2015/2016年シーズンにミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団にデビューし大成功を収めたのち、2016年12月に再び共演し、ベートーヴェンの交響曲第9番を演奏。さらに、2016/2017年シーズンには、バイエルン放送交響楽団にデビュー。シュターツカペレ・ドレスデンとヘンスラー・レーベルに録音した『ワインベルガー:バグパイプ吹きシュヴァンダ』も好評を得ている。

近年のハイライトとしては、ドレスデンのゼンパー・オーパー《さまよえるオランダ人》、東京の新国立劇場《フィガロの結婚》、チューリッヒ歌劇場《ねじの回転》、ストラスブールのラン国立オペラ座《サロメ》、パリ国立オペラ座《魔笛》、カッセル州立歌劇場《トリスタンとイゾルデ》、バイエルン州立歌劇場《コシ・ファン・トゥッテ》と《アラベラ》、さらにウィーン国立歌劇場、フランクフルト歌劇場、ハンブルク州立歌劇場への客演が挙げられる。また、アン・デア・ウィーン劇場では、タチアナ・ギュルバカ、ベッティナ・アウアー、トリンクスによる《ニーベルングの指輪(序夜つき三部作)》を発表。ウィーン放送交響楽団とアーノルド・シェーンベルク合唱団との共演が大好評を博した。

Official Web Site
constantintrinks.com
Facebook
constantintrinks
Twitter
@ctrinks
AppleMusic
Constantin Trinks
Spotify
Constantin Trinks

Constantin Trinks and Seoul Philharmonic perform prelude from "Die Meistersinger von Nürnberg"