2012.5.13(Sun)


★ポゴレリッチ、六ヶ所村発、いよいよ最終地の名古屋へ!


ラ・フォル・ジュルネ金沢に出演(オーケストラ・アンサンブル金沢 fansさんのWebレポートはこちら)したのち、去る7日&9日、サントリーホールにて二夜のスペシャルコンサート、題して「The Legendary Romantics」にて快(怪?)演したイーヴォ・ポゴレリッチ。




今回のポゴレリッチのツアープログラムは、開いて表紙&裏表紙を合わせると人の顔になります!


次なる公演地、青森県上北郡六ヶ所村をポゴレリッチとともに訪れた若きマネージャーが、道中からミニレポートを届けてくれましたので早速ご紹介いたします。


-----


コンサートを重ねる中、翌朝に絶対に疲れを残さないよう、徹底した体調管理を心がけているポゴレリッチ。彼がどの公演にも準備万端の状態で臨む姿に慣れてきた頃には、ツアーももう終盤です。

5月11日(金)の夜にポゴレリッチが登場したのは、青森県は六ヶ所村文化交流プラザ(スワニー)の舞台。

公演詳細

宿泊先に到着後、ポゴレリッチは早速、エクササイズを兼ねて海辺をゆっくりと散歩しました。

宿泊先から六ヶ所村までは二時間弱かかりましたが、移動中に窓から見える景色は実に美しく、時間はあっという間に過ぎていきます。
山の近くではまだ桜が咲いていたり、
標高の高い山には雪が残っていたりと非常に興味深い景色なのですが、ポゴレリッチ自身も、「長野と比べて青森は花や木々の色彩が淡いね」などと口にしながら熱心に外を観察。山から降りてくる風が少し冷たく、心地良いのも大いに気に入った様子でした。

本番では(すでにTwitterなどでご存じの方が多いかと思いますが)、演奏中にピアノの弦が切れるというハプニングがありました。しかし、ポゴレリッチ本人は常に冷静さと熱い歌心、そして凄まじい集中力をキープしていたと思います。
(曲目は、東京5/9のリサイタルと同じショパン&リスト。余談ですが、全体的に演奏のテンポは東京よりも遅かったです...)

「六ヶ所村文化交流プラザの雰囲気は非常にチャーミング。そして、いらして下さったお客さまは皆、とても熱心に演奏を聴いて下さっていた。はるばる訪れて本当に良かった!」
と、ポゴレリッチ。

いよいよ本日13日(日)15時~は名古屋・しらかわホールにてツアー最終公演です。
公演の詳細はこちら(クリック
食事・睡眠にも丁寧に気を配り、コンディションも万全です。
お近くの方もそうでない(?)方も、ぜひぜひいらしてください!


【関連記事】
イーヴォ・ポゴレリッチ5月に来日公演が決定! (2012.2.3)
イーヴォ・ポゴレリッチ リストを語る ~The Legendary Romanticsに向けて~ (2012.4.3)
鬼才ポゴレリッチ上陸前に!Vol.1―― 演奏時間と協奏曲 (2012.4.20)
鬼才ポゴレリッチ上陸前に!Vol.2―― 本人が語る(!)~ショパン&リスト、2人のLegend~ (2012.4.20)
ポゴレリッチは台湾に上陸中!まもなく日本へ (2012.4.28)
ポゴレリッチ、ついに来日!そして早速、協奏曲の打ち合わせ (2012.5.1)
お待たせしました!ポゴレリッチがTwitter質問に答えてくれました Vol.1 (2012.5.3)
お待たせしました!ポゴレリッチがTwitter質問に答えてくれました Vol.2 (2012.5.4)
ポゴレリッチ、ショパンの協奏曲2曲を快(怪?)演! (2012.5.8)

Sunday May 13, 2012