2011.9. 8(Thu)


●連載「イ・ムジチの春夏秋冬」~夏~ なぜイ・ムジチはブレイクしたのか?


結成60年を記念する"世界ツアー"の一環で10月に来日する我らがイ・ムジチ合奏団。彼らの来日までの1ヶ月間、毎木曜にお贈りしている音楽ライターの柴田克彦さんによる連載「イ・ムジチの春夏秋冬」は、イ・ムジチが誇る長い歴史に迫った先週の~春~につづき、本日いよいよ~夏~に突入です。
それでは柴田さん、今日もよろしくお願いします!



***

なぜイ・ムジチはブレイクしたのか?─日本での受容史


 日本でのイ・ムジチ合奏団の人気は格別だ。そこで今回は、彼らがなぜ日本でブレイクしたのか? その秘密(?)に迫ろう。

 時は1963年=昭和38年、イ・ムジチが初の来日公演を行った。東京オリンピックの前年、日本はまさに高度成長期を迎えんとしていた。2度目の来日は1967年。各11公演、5公演が行われたこの2回の来日は、いわば種まきだった。そして1968年、彼らの「ヴィヴァルディ:四季」のレコードが爆発的に売れ始めた。「四季」は春夏秋冬の自然や人々の営みを描いた描写音楽ゆえに明快で親しみやすく、イ・ムジチの演奏は爽やかで温かく心地よい。さらには、経済成長に合わせてステレオ装置が急速に普及していった。来日の種まき、「四季」の魅力、イ・ムジチの特長、装置の普及が全て合体し、「最初に購入するレコードは、イ・ムジチの『四季』」の図式が出来上がったのだ。そして1969年、3度目の来日。「あのイ・ムジチの『四季』を生で聴ける!」と相なって、チケット完売、熱烈歓迎の大ブレイクが巻き起こった。それは"バロック・ブーム"の本格的な幕開けでもあった。




写真:10月来日し、全国で20公演を行う現メンバーたち


 1967年以降、イ・ムジチは1年置きに来日した。公演数は大幅に増え、平均20数回、多い時は30回を数えるようになった。そして何より重要なのは、彼らが全国を回ったこと。1960~80年代の13回の来日において訪れた地は83カ所にも及ぶ。これによって多くの人が「あのイ・ムジチ」の生演奏を聴く機会を得た。今も昔も、地方にいて世界の一流演奏家の生演奏に触れる機会は稀だ。イ・ムジチはそれを可能にした貴重な存在だった。そして彼らは、いつどこでも誠実に「四季」を演奏し続けた。生で触れれば当然親しみは深まる。かくして人気はますます拡大。並行して「四季」のレコードは売れ続け、1987年には国内売り上げ200万枚突破という、クラシックでは破格の数字をマークした。

 さらに時が経ち、イ・ムジチを聴いた人は親から子へ、さらにその子へ...という時代にさえなった。大げさに言えば、イ・ムジチは日本人のDNAに刷り込まれた存在なのだ。今回の来日も全国で20公演が行われる。これは現在のホール事情からは異例の数字。まさしく彼らは"永遠のベストセラー"なのである。

 次回~秋~では、イ・ムジチの「四季」の意外にディープな魅力と、歴代コンサートマスターによる演奏の違いなどに注目したい。


♪♪♪♪♪♪
柴田 克彦(しばた・かつひこ)
音楽マネージメント勤務を経て、フリーの音楽ライター・評論家&編集者となる。「ぶらあぼ」「ぴあクラシック」「CDジャーナル」「バンド・ジャーナル」等の雑誌、公演プログラム、宣伝媒体、CDブックレットなどへの寄稿、プログラム等の編集業務のほか、「ラ・フォル・ジュルネ」での講演や一般の講座も受け持つなど、幅広く活動中。
♪♪♪♪♪♪



【イ・ムジチ合奏団 東京公演】

■10月11日 (火) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール

チケットのお申し込み

~イタリア・バロックの協奏曲~
ヴィヴァルディ: 弦楽のための協奏曲 ト短調 RV157
ヴィヴァルディ: 2つのヴァイオリン、2つのチェロのための協奏曲 ニ長調 RV564
          (ヴァイオリン:マルコ・セリーノ、エットーレ・ペレグリーノ)
          (チェロ:ヴィト・パテルノストロ、ピエトロ・ボスナ)
ヴィヴァルディ: 弦楽のためのシンフォニア ハ長調 RV114
ジェミニアーニ: 合奏協奏曲 ニ短調 「ラ・フォリア」
ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8

■10月12日 (水) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール

チケットのお申し込み

~イ・ムジチの「オスカー」~
バカロフ(1996年アカデミー賞作曲賞受賞):合奏協奏曲 ~イ・ムジチ結成60年記念作品~
モリコーネ(2007年アカデミー賞名誉賞受賞):『組曲』 ~イ・ムジチ結成60年を祝して~
    「カジュアリティーズ」より メインテーマ
    「海の上のピアニスト」より 愛を奏でて
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より デボラのテーマ
    「ミッション」より ガブリエルのオーボエ
坂本龍一(1988年アカデミー賞作曲賞受賞):「ラストエンペラー」テーマ ~イ・ムジチ結成60年のために~
 ***
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8


【イ・ムジチ合奏団 2011年10月 結成60年記念ツアー スケジュール

■10月1日(土) 18:00 東京/サントリーホール 【プログラム未定】
※ホール25周年記念 ガラ・コンサート「響」(正装コンサート)
【問】サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999

■10月2日(日) 15:00 秋田/秋田アトリオン音楽ホール 【プログラムB】
【問】秋田アトリオン事業部 018-836-7803

■10月4日(火) 19:00 新潟/りゅーとぴあ コンサートホール(新潟市民芸術文化会館) 【プログラムB】
【問】TeNYチケット専用ダイヤル 025-281-8000

■10月7日(金) 19:00 岡山/岡山シンフォニーホール 【プログラムB】
※おかやま国際音楽祭2011
【問】岡山シンフォニーホールチケットセンター 086-234-2010

■10月8日(土) 15:00 山口/シンフォニア岩国(山口県民文化ホールいわくに) 【プログラムC】
【問】シンフォニア岩国 0827-29-1600

■10月9日(日) 14:00 大阪/ザ・シンフォニーホール 【プログラムB】
【問】ABCチケットセンター 06-6453-6000

■10月11日(火) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月12日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月14日(金) 19:00 栃木/栃木県総合文化センター メインホール 【プログラムB】
【問】栃木県総合文化センター プレイガイド 028-643-1013

■10月15日(土) 18:30 熊谷/熊谷文化創造館 さくらめいと 【プログラムB】
【問】さくらめいとチケットセンター 048-532-9090

■10月16日(日) 16:30 横浜/横浜みなとみらいホール 【プログラムC】
【問】神奈川芸術協会 045-453-5080

■10月18日(火) 19:00 札幌/札幌コンサートホールKitara 【プログラムC】
【問】キョードー札幌 011-221-0144

■10月19日(水) 19:00 佐賀/佐賀市文化会館 【プログラムB】
【問】佐賀市文化会館 0952-32-3000

■10月21日(金) 19:15 三鷹/三鷹市芸術文化センター 風のホール 【プログラムB】
【問】三鷹市芸術文化センター チカットカウンター 0422-47-5122

■10月22日(土) 15:00 軽井沢/軽井沢大賀ホール 【プログラムC】
【問】軽井沢大賀ホール 0267-42-0055

■10月23日(日) 15:00 豊田/豊田市コンサートホール 【プログラムB】
【問】豊田市コンサートホール事務所 0565-35-8200

■10月26日(水) 19:00 盛岡/盛岡市民文化ホール 大ホール 【プログラムB】
【問】盛岡市民文化ホール 019-621-5100

■10月29日(土) 15:00 大宮/大宮ソニックシティ 大ホール 【プログラムC】
【問】大宮ソニックシティホール 048-647-7722

■10月30日(日) 15:00 神奈川/ハーモニーホール座間 【プログラムD】
【問】ハーモニーホール座間 046-255-1100


【プログラムA ~イタリア・バロックの協奏曲】
ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 イ長調 RV158
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリン、2つのチェロのための協奏曲ニ長調 RV564
ヴィヴァルディ: 弦楽のための協奏曲 ト長調 「田園風」 RV151
ジェミニアーニ:合奏協奏曲 ニ短調 「ラ・フォリア」
 ***
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8

【プログラムB  ~イ・ムジチの「オスカー」~】
バカロフ(1996年アカデミー賞作曲賞受賞):合奏協奏曲 ~イ・ムジチ結成60年記念作品~
モリコーネ(2007年アカデミー賞名誉賞受賞):『組曲』 ~イ・ムジチ結成60年を祝して~
    「カジュアリティーズ」より メインテーマ
    「海の上のピアニスト」より 愛を奏でて
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より デボラのテーマ
    「ミッション」より ガブリエルのオーボエ
坂本龍一(1988年アカデミー賞作曲賞受賞):「ラストエンペラー」テーマ ~イ・ムジチ結成60年のために~
 ***
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8

【プログラムC】
モーツァルト:セレナード第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K.550(弦楽合奏版)
 ***
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8

【プログラムD】
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8
ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 イ長調 RV158
ヴィヴァルディ: 弦楽のための協奏曲 ト長調 「田園風」 RV151
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリン、2つのチェロのための協奏曲ニ長調 RV564
ジェミニアーニ:合奏協奏曲 ニ短調 「ラ・フォリア」
坂本龍一(1988年アカデミー賞作曲賞受賞):「ラストエンペラー」テーマ ~イ・ムジチ結成60年のために~


イ・ムジチ合奏団 プロフィール


【イ・ムジチ合奏団 関連記事】
祝・結成60年ツアー。永遠のイ・ムジチ、今秋来日公演! (2011.6.1)
新連載!「イ・ムジチの春夏秋冬」 ~春~ イ・ムジチ基礎編 (2011.9.1)
イ・ムジチ豆マメ知識Part1:メンバーたちの使用楽器~ヴァイオリン軍団編~ (2011.9.5)
イ・ムジチ豆マメ知識Part2:メンバーたちの使用楽器~後編~ (2011.9.7)
イ・ムジチ豆マメ知識Part3:イ・ムジチ軍団の大世界旅行 (2011.9.11)
イ・ムジチ豆マメ知識Part4:モリコーネ×『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 (2011.9.14)
連載「イ・ムジチの春夏秋冬」~秋~ 歴代コンマスによる「四季」の変遷 (2011.9.15)
イ・ムジチ豆マメ知識Part5:モリコーネ×『ミッション』 (2011.9.16)
イ・ムジチ豆マメ知識Part6:モリコーネ×『海の上のピアニスト』 (2011.9.19)
イ・ムジチ豆マメ知識Part7:作曲家バカロフと「イル・ポスティーノ」  (2011.9.21)
連載「イ・ムジチの春夏秋冬」~冬~ その功績とエピソード!柿好きのイ・ムジチ!? (2011.9.22)
イ・ムジチ豆マメ知識Part8:坂本龍一「ラストエンペラー」新編曲、10/1世界初演!! (2011.10.1)
イ・ムジチ、ツアー開始!坂本龍一「ラストエンペラー」新編曲の世界初演も成功! (2011.10.3)
イ・ムジチ、全国ツアー順調!チェチーリア管公演にも出没!? (2011.10.9)
イ・ムジチ一行、全国をお邪魔しております!~ツアー・レポート~ (2011.10.18)

Thursday September 8, 2011