2011.4.25(Mon)


◆「ラ・フォル・ジュルネ」3都市に参加するシンフォニア・ヴァルソヴィアからメッセージが届きました!

ポーランドのオーケストラ「シンフォニア・ヴァルソヴィア」は、今年も音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」に参加します。びわ湖、金沢、鳥栖で公演を予定しているシンフォニア・ヴァルソヴィアより、来日に寄せてメッセージが届きましたので、一部をご紹介いたします。
原語(英語)による全文は、こちら(English Version)でご確認いただけます。
なお、この文章はオーケストラのFacebookでもお読みいただけます。

***

シンフォニア・ヴァルソヴィアは来日します
「ラ・フォル・ジュルネ」、日本の5都市で開催





今年、日本で行われる「ラ・フォル・ジュルネ」は特別なものとなるでしょう。わたしたちシンフォニア・ヴァルソヴィアは日本で行われているこの音楽祭に毎年参加しておりますが、今年は、音楽が果たすことのできる使命の重要性の意味をかみしめ、公演にのぞみます――つまり音楽を通じて、日本の皆さまに音楽の喜びと支援とをお届けできたらと思うのです。
日本では全国5都市においてこの音楽祭が開催されます。東京、びわ湖、金沢、新潟、鳥栖において、4月29日から5月8日まで、[有料] 公演が行われます。

会期中、シンフォニア・ヴァルソヴィアは3都市(びわ湖、金沢、鳥栖)にて、10回のコンサートに出演いたします。びわ湖と鳥栖のテーマは「ウィーンのベートーヴェン」、金沢のテーマは「ウィーンのシューベルト」です。

シンフォニア・ヴァルソヴィアが演奏する曲目は、皆さまよくご存知の作品としてはベートーヴェンの序曲「コリオラン」・「エグモント」、ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝」、ヴァイオリン協奏曲、ピアノとヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲、交響曲第3番「英雄」です。
このほか、滅多に演奏されないしられざる作品もお届けします。シューベルトのハ短調の序曲D8と、ベートーヴェンの序曲「命名祝日」op.115です。





シンフォニア・ヴァルソヴィアを指揮するのはゲオルク・チチナゼ、そして共演予定のソリストはアンヌ・ケフェレック、ミシェル・ダルベルト、仲道郁代、清水和音、オリヴィエ・シャルリエ、テディ・パパヴラミ、タチアナ・ヴァシリエヴァです。


***


<ラ・フォル・ジュルネ 全都市の公式ウェブサイト>
LFJ東京(メイン会場:東京国際フォーラム)
LFJびわ湖(メイン会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール)
LFJ金沢(メイン会場:石川県立音楽堂・金沢市アートホール)
LFJ鳥栖(メイン会場:鳥栖市民文化会館)
LFJ新潟(メイン会場:りゅーとぴあ・新潟市音楽文化会館)


シンフォニア・ヴァルソヴィア プロフィール
シンフォニア・ヴァルソヴィア ウェブサイト

Monday April 25, 2011


Sinfonia Varsovia will give 10 concerts in Japan for “La Folle Journee”

We received a message from Sinfonia Varsovia: the Polish orchestra will give 10 concerts in Japan for the Folle Journee Festival 2011(from 29th April to 8th May).

Please check their Facebook and Website, too.

 

[English version]

[日本語版]


***

Sinfonia Varsovia Orchestra goes to Japan
La Folle Journée Festival in five Japanese cities





This year La Folle Journée Festival in Japan will be exceptional. Sinfonia Varsovia will participate in the Japanese edition of the festival as usually, however, this year, with a unique sense of importance of the mission that music is to fulfil there — bringing joy and support. La Folle Journée Festival in Japan will take place in five cities — Tokyo, Biwako, Kanazawa, Niigata and Tosu — and will last from 29th April to 8th May.

During this year’s La Folle Journée Festival in Japan, the Orchestra will give 10 concerts in three cities: Biwako and Tosu, where the title of the festival is "Beethoven à Vienne", and in Kanazawa, under the "Schubert à Vienne" title.
The repertoire of Sinfonia Varsovia concerts in Japan includes primarily famous pieces by Ludwig van Beethoven: Overtures — Coriolanus and Egmont, Piano concerto No 4 and 5 (the “Emperor concerto”), Violin concerto, Triple concerto for piano, violin and cello, Symphony No 3 “Eroica” and Symphony No 7.
[According to the legend, Beethoven’s Symphony No 3 was initially dedicated to Napoleon Bonaparte. Supposedly, after hearing about the coronation of the recent consul as emperor, the composer ripped out the title page with the dedication from the score. The general, broadly understood, subtitle of the symphony — sinfonia eroica (the heroic symphony) – has remained.*]

Besides the most famous pieces, the Orchestra will also perform a few exceptional, rarely performed compositions such as:
Overture in C minor, D 8 by Schubert and Name Day Overture, Op. 115 (Zur Namensfeier) by Beethoven, composed in 1815 and dedicated to Antoni Henryk Radziwiłł, a politician and a composer, the duke-governor of the Grand Duchy of Posen.





In Japan, Sinfonia Varsovia will be conducted by George Tchitchinadze and it will accompany such soloists as Anne Queffélec, Michel Dalberto, Ikuyo Nakamichi, Kazune Shimizu (piano), Olivier Charlier, Tedi Papavrami (violin) and Tatiana Vassilieva (cello).


***


La Folle Journée "Beethoven à Vienne" – Biwako – 29-30/04/2011: http://lfjb.biwako-hall.or.jp/
La Folle Journée "Schubert à Vienne" – Kanazawa – 1-4/05/2011: http://lfjk.jp/index.html
La Folle Journée "Les Titans " – Tokyo – 3-5/05/2011: http://www.lfj.jp/lfj_2011/
La Folle Journée "Beethoven à Vienne" – Tosu – 5-7/05/2011: http://lfjt.jp/
La Folle Journée "Beethoven à Vienne" – Niigata – 6-8/05/2011: http://lfjn.jp/lfjn2011/