2011.4. 9(Sat)


●イッサーリスから嬉しいメッセージが届きました!

昨日も大きな余震がありました。まだまだ色々な困難が立ちはだかっていますが、桜は咲き、空気は日々あたたかくなり、春めいてきています。私たちは一歩一歩を進んでいかなければ、と自らに言い聞かせています。

さて、5月18日(水)に世界屈指のチェリスト、スティーヴン・イッサーリスが来日リサイタルを行いますが、先ごろ本人から、今回の来日に向けてとても真摯なメッセージが届きました。

[English version]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






5月に再び日本に帰れることを、とても嬉しく思っています。ただ、それがこのように痛ましい状況の中であることがとても悲しいです。余程のことが私を襲うことがない限り、私は来日をキャンセルするつもりは毛頭ありません。昨年、私は個人的な理由からツアーをキャンセルせざるをえませんでした。その時、日本にいる大勢の私の友人たちや公演主催者、日本のマネジャーが私を強く支え、理解を示してくれました。このような人々を、今年は落胆させるわけにはいかないのです。

私が今回選んだプログラムは、今の日本の状況にあまりにもふさわしいプログラムです。でもこれを選んだ時には、もちろんこのようなことになるとは知りませんでした。私が愛するシューマンの魅惑的な幻想曲に続いて、サム・ヘイウッドと私が演奏するのは、チェロのために書かれたもっとも悲劇的な傑作のひとつである、ショパンの晩年のソナタです。後年、ショパンが苦悩の中で作曲し、ところどころ現代的な雰囲気をもつこの作品は、複雑で心を揺さぶり、内面的な葛藤と強さに満ちています。私は、人生の中でも最も困難な時にこの作品を何度か演奏してきたので、自分にとってとても大きな意味をもつ作品となっています。ショパンはまた、サムがもっとも愛する作曲家でもあります。

この"ショパン好き"は、私の祖父であるユリウス・イッサーリスも同じで、祖父は幼い頃、よく枕の下にショパンの楽譜を置いて眠ったそうです。サムと私のプログラムの後半は、そんな私の祖父が書いたチェロとピアノのための『バラード』で、幕を開けます。(ユリウスは主にピアノの独奏曲を書きました。そしてすべての作品にピアノが入っています。それは、まさにショパンと同じです。そして嬉しいことに、サムはショパンの作品同様、ユリウスの音楽の演奏も得意としています。)
『バラード』は、私のチェロのヒーローであるパブロ・カザルスに捧げられたもので、美しい旋律をもつ、ノスタルジックな作品です。私はかつて、偉大なピアニスト、アンドラーシュ・シフが主催する音楽祭で、この作品を演奏したことがあります。その時彼は、「こんな音楽を作曲してくれるおじいさんが私も欲しい」とコメントしてくれたのです!

『バラード』に続いては、まさに今、日本が経験していることのすべてを表している歌、ラヴェルの『2つのヘブライの歌』を編曲して演奏します。最初の歌はユダヤ教の葬儀でよく歌われるカディッシュです。もうひとつは「永遠の謎」と題された短いイディッシュの歌です。この演奏を先日の震災で犠牲になられた方々に捧げます。
最後に演奏する作品は、もっともっと前向きな響きのあるものがいいでしょう。プーランクの魅力的なソナタです。第二次世界大戦中に書き始められたこの作品には、激しいところもありますが、全体に漂うのは喜びや祝う気持ちです。これこそが今、必要なものだと思うのです。

紀尾井ホールでのリサイタルには"別れ"という面もあります。このコンサートは、長年にわたり日本音楽財団のご厚意により私に貸与していただいていたフォイアマン・ストラディヴァリウスのチェロを弾く最後のコンサートになります。私はこの楽器が大好きですので、別れを告げるのは悲しいことです。しかし、今、別のストラディヴァリウスを弾く機会を得ましたので、フォイアマンにしがみつくのはわがままでしょう。ストラディヴァリウスを2台も必要とする人などいませんから。これはある意味でひとつの終わりと言えます。しかし私と日本音楽財団とのつながりは今後も続きます。そして、私はこの先何年にもわたって来日を重ね、日本(そして、他のどの国にもみられないような日本の音楽愛好家の皆さま)の数多くの素晴らしさをかみしめていきたいと思います。

スティーヴン・イッサーリス
Steven Isserlis



チケットのお申し込みはこちらまで

スティーヴン・イッサーリス プロフィール



※イッサーリスの演奏がNHK-FMで放送されます。 [NHK番組表]
「ガットのしらべ ~ スティーヴン・イッサーリスのチェロ」
(放送日: 2011年4月16日(土) 午後8:15~午後9:00)


【スティーヴン・イッサーリス 関連記事】
厳しくも深い音楽への愛情。チェロの名匠イッサーリス、いよいよ先行受付開始! (2011.1.16)
イッサーリス、絶好調! (2011.5.11)
イッサーリス絶好調!パート2~尾高との記念ショット (2011.5.14)

Saturday April 9, 2011


A heatfelt message from Steven Isserlis to his fans in Japan

Cellist Steven Isserlis will have a recital in Tokyo on wednesday May 18th. He recently sent a heartfelt message to his fans in Japan anticipating his arrival.

 

[English version]

 

[日本語版]

 


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

 

 

I am so happy to be coming back to Japan - and so sad that it is under the present tragic circumstances. Unless disaster strikes (God forbid) I have no intention of cancelling my visit. Last year, I had to cancel my tour for personal reasons. My many friends in Japan, the promoters and my Japanese managers were all wonderfully supportive and understanding; there is no way I am going to let them down this year.

 

Without realising it at the time, of course, I chose a programme all too appropriate for the new situation in Japan. After the magical Fantasy-pieces by my beloved Schumann, Sam Haywood and I are going to play Chopin's late sonata, one of the most tragic masterpieces ever written for the cello. Composed during Chopin's troubled last years, and at times almost modernistic in its language, it is a complex and moving work full of inner conflict and strength. I have played it at some of the most difficult times of my life, and it means a lot to me; and I think it's safe to say that Chopin in general is Sam Haywood's most beloved composer.

 

That taste was shared by my grandfather Julius Isserlis, who as a young boy used to sleep with the music of Chopin under his pillow! Sam and I will begin the second half of the programme with my grandfather's Ballade for cello and piano. (Julius Isserlis wrote mostly for solo piano, and every piece of his involves the piano - just like Chopin. And, to my delight, Sam has made a speciality of performing my the music of Julius Isserlis, as well as that of Chopin.) The Ballade, dedicated to my cello-hero, Pablo Casals, is a tuneful, nostalgic work. I played it once at a festival organised by the great pianist Andras Schiff; his comment was: 'I wish I'd had a grandfather who composed music like that!'

 

Following the Ballade is an arrangement of two songs that sum up too much of what Japan is going through at the moment: Ravel's two Hebraic Melodies, the first a Kaddish, frequently chanted at Jewish funerals, and a short Yiddish song entitled 'the Eternal Enigma'. This performance will of course be dedicated to the victims of the recent tragedy. Perhaps it is as well that we finish on a far more positive note, with Poulenc's charming sonata. Although it was begun during the second world war, and has its poignant moments, it is overall a celebration. I think it will be needed.

 

There will be another note of farewell for our recital at Kioi Hall: this will be the last concert I shall be playing on the Feuermann Stradivarius cello, so kindly lent to me for so many years by the Nippon Music Foundation. I love this instrument, and will be sad to say goodbye to it. But I now have the chance to play another Stradivarius cello, and it would be selfish of me to hang on to the Feuermann. No-one needs two Stradivarius instruments! So this will in a way be an ending; but my friendship with the Nippon Music Foundation will endure. And I hope that I will continue to come and savour the many, many delights of Japan (including, of course, the uniquely music-loving audiences) for many years to come.

 

Steven Isserlis