2010.10.30(Sat)


★本日の嵐の中、アーノンクール指揮「天地創造」が新たな地平を切り開きます!


昨夜29日に東京サントリーホールで行われた、アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス&アーノルト・シェーンベルク合唱団による「ハイドン:天地創造」。
その難解な四字熟語のようなタイトルから、長くて退屈な宗教音楽が想像されがちですが、実際に聴いてみるとおわかりのように、ストーリーを伝えるシンプルで人類愛に満ちた言葉が、音楽によって生き生きと、そして時にユーモラスに描写される魅力的な作品です(今回の上演では舞台上に映し出される字幕で物語を追うことができます!)。
混沌の中から「天」や「地」が、植物や動物が、どのように創られていったのか。真っ暗闇だったこの世界に「光」が差し込んだときの感動はどのようなものだったのか。そして私たち人間はどのように創られたのか。
強力なアーノンクールのリーダーシップのもと、管弦楽と歌手たちは、それぞれのシーンを大切にし、表情豊かに語っていきます。

コンツェントゥス・ムジクスとアーノルト・シェーンベルク合唱団の素晴らしさは言うまでもありませんが、今回の「天地創造」でとりわけ感動的なのは三人のソロの歌い手たち。美しい声で音楽的に完璧に歌うというレベルをはるかに越えた、その「役者」としての驚異的な表現力とアンサンブルの妙に会場は酔いしれました。

今日は、季節はずれの台風が夕方に東京上陸と言われていますが、アーノンクールの音楽は決して揺らぎません。
皆さん、サントリーホールで新たな世界創造のドラマを共に体験しましょう!



⇒アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 今後の公演予定
 ・ 10月30日(土)6時 サントリーホール (ハイドン「天地創造」)
 ・ 11月2日(火)7時 東京オペラシティ コンサートホール
        (モーツァルト「交響曲第35番"ハフナー"」&「セレナード第9番"ポストホルン"」)
 ・ 11月3日(水・祝)6時 東京オペラシティ コンサートホール
        (モーツァルト「交響曲第35番"ハフナー"」&「セレナード第9番"ポストホルン"」)

チケットのお申し込み&詳細

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス プロフィール


【アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 関連記事】
アーノンクール&CMW 連載ブログ開始! (2010.8.19)
ラン・ラン来社!そしてアーノンクールについて語る。 (2010.8.30)
マエストロ・アーノンクールからメッセージビデオが届きました (2010.9.2)
拝啓 ニコラウス・アーノンクール様 (2010.10.13)
【速報】11月2日(火)、アーノンクールのサイン会が行われます! (2010.10.19)
アーノンクールが記者会見を行いました! (2010.10.26)
来日中のウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、絶好調です! (2010.10.27)

11/2、3 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 曲順変更のお知らせ (2010.11.1)

Saturday October 30, 2010