PROJECT & TOURING招聘企画

セルゲ・ツィンマーマン ヴァイオリン

2014年2月


 1991年ケルン生まれ。2000年に9歳でオーケストラと共演し、以来ヨーロッパの主要なオーケストラと共演している。2008年にはA.シフが主宰するイッティンガーの音楽祭に出演。これが縁でシフ指揮フィルハーモニア管のロンドン公演に招かれ、「美しく変化に富んだ音色と強烈な技巧を備える。今後間違いなく世界に羽ばたいていくであろう。」とガーディアン紙に評された。2010年にはカヴァコスの代役でブロムシュテット指揮バンベルク響とメンデルスゾーンの協奏曲を弾いて絶賛される。F.P.ツィンマーマンは父。
PAGEUP