PROJECT & TOURING招聘企画

クリスティアン・アルミンク 指揮

2014年8月


 ルツェルン歌劇場音楽監督、ルツェルン響首席指揮者を歴任し、2003年から新日本フィル音楽監督。2011年から国立リエージュ・フィルの芸術監督を兼任。1971年ウィーン生まれ。24歳で指揮者デビューを果たした直後ザルツブルク音楽祭に出演、以後ミュンヘン・フィル、ウィーン響、ボストン響、ベルリン・ドイツ響、サンタ・チェチーリア管などと共演を重ね、高い評価を得ている。新日本フィルとのパートナーシップは非常に高く評価され、数々のCDがリリースされている。
PAGEUP