PROJECT & TOURING招聘企画

ヤニック・ネゼ=セガン指揮 フィラデルフィア管弦楽団 オーケストラ

2014.06.02-2014.06.03


「華麗なるフィラデルフィア・サウンド」は新世代に託された!
若手屈指の天才が継承する美音の極致

指揮/監督:ヤニック・ネゼ=セガン
Yannick Nézet-Séguin, Music Director

 1900年創設。ストコフスキーやオーマンディ、ムーティらが各々長年にわたって練り上げ、継承してきた他に類をみない極上の「華麗なるフィラデルフィア・サウンド」は2012年、ソヒエフと並び若手屈指の天才指揮者ネゼ=セガンの手に託されました。若手のうちから才能ある指揮者と長い時間をかけて音作りをする同団のポリシーは健在です。フランス系カナダ人のネゼ=セガンはロッテルダム・フィルの音楽監督も兼任し、先日の来日公演が大成功を収めたばかり。フランス系指揮者だからこその透明感あふれる色彩美を、オーケストラから引き出し躍動させる才は目覚しいもので、それがフィラデルフィア管ならば尚更。世界の目は熱くこのコンビに注がれています。

PAGEUP