NEWSニュース

2012/01/11 | KAJIMOTO音楽日記

●ヘンゲルブロック&ハンブルク北ドイツ放送響、出港!vol.2 ~お披露目公演「何でもアリ!」~

本日(1/11水)正午より、ヘンゲルブロック&ハンブルク北ドイツ放送響(NDR)によるサントリーホール公演:カジモト・イープラス会員先行受付がスタートします!
【先行受付は1/15(日)18時までです】(おかげさまで好評のうちに終了いたしました)





先日は、北ドイツ放送の音楽部長で指揮者のロルフ・ベックのインタビューをご紹介し、
当連載「出港!」のvol.1では、ヨーロッパで話題沸騰中の彼らの新譜に触れてまいりましたが、
本日のお題は、ヘンゲルブロック&NDRがハンブルクで行った、新コンビお披露目演奏会。

ヘンゲルブロック自身、昨秋に独「ディ・ツァイトDIE ZEIT」紙上で「新しいコンサートの形体も模索し発展させていく必要がある」と力説しているのですが、
この言葉がすでに昨年9月、"ヘンゲルブロック NDR首席指揮者 就任記念公演"、題して

「Anything goes ~Opening Night mit Thomas Hengerblock~」
(何でもアリ! ~トーマス・ヘンゲルブロックとのオープニング・ナイト~)


として実現しているのです。

3部構成だったこの公演は、9月9日にソプラノのカミラ・ティリングをゲストに迎え行われました(18時30分に開演し、終演は22時30分すぎだったとのこと!会場はかな~り盛り上がったそうですよ)。
ちなみに、この日は・・・

<第1 部>
C.P.E.バッハ:シンフォニア第1番ニ長調「Hamburger」/テレマン:3つのトランペットとティンパニのための協奏曲/ヘンデル:オペラ「カスティーリャの女王アルミラ」組曲
<第2部>
ベートーヴェン:「英雄」交響曲
<第3 部>
ガーシュウィン:「キューバ序曲」/コール・ポーター:「Anything goes」

と、時代や様式を異にする様々な作曲家が登場しました。

公演タイトル「Anything goes(何でもアリ!)」からすでに、
NDRの"これまで培ってきた伝統を土台としながらも、既成の枠の内に留まらずに新しいことにチャレンジしていきたい"というフレッシュな気合いを感じますが、
このプログラムからも、今後のヘンゲルブロック&NDRコンビが進む道筋が垣間見えます。

この公演、地元ドイツのメディアはどのように受けとめたのでしょうか。

***

 

演奏後、聴衆は喜びにあふれたヴィルヘルムスハーフェン生まれのヘンゲルブロックに嵐のような拍手と多くの賞賛の声「ブラボー」を浴びせ、耳と目に真の"ご馳走"を与えてくれたことに感謝を示した。

(『Lübecker Nachrichten』2011年9月11日)

***

ハンブルク北ドイツ放送交響楽団のメンバーはかねてから素晴らしい音楽家たちであったが、まるでヘンゲルブロックが彼らの"リセットボタン"を押したような印象にかられた。

(『Hamburger Abendblatt』2011年9月12日)

***

会場全体がオーケストラとその新首席指揮者に心から酔いしれた。熟練した技術と巧みな奔放さを特徴とする演奏は、決して一方通行のワン・マン・ショーには陥らない。ヘンゲルブロックは異なる音楽様式を並置する勇気を見せただけでなく、自らが多才であることを証明した。

(『Spiegel online』2011年9月24日)

***

ヘンゲルブロックが"リセットボタン"を押した新生NDR、いよいよ5月に来日です。ご期待くださいね!





トーマス・ヘンゲルブロック指揮 ハンブルク北ドイツ放送交響楽団
<東京 サントリーホール公演>


2012年5月29日 (火) 19:00

【出演】
ハンブルク北ドイツ放送交響楽団
指揮 : トーマス・ヘンゲルブロック
ヴァイオリン : クリスティアン・テツラフ

【プログラム】
モーツァルト: オペラ「フィガロの結婚」序曲
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン:クリスティアン・テツラフ)
ブラームス: 交響曲第1番 ハ短調 op.68

【カジモト・イープラス会員限定先行受付】 (おかげさまで好評のうちに終了いたしました)
2012年 1/11(水)12:00 ~ 1/15(日)18:00

【一般発売】
2012年 1/21(土)10:00 ~  ●お申し込み

【問】
カジモト・イープラス 0570-06-9960


ハンブルク北ドイツ放送交響楽団 2012年5月 来日ツアー
トーマス・ヘンゲルブロック(指揮)
クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
竹澤 恭子(ヴァイオリン)

■2012年5月27日(日) 14:00 大阪/ザ・シンフォニーホール 【プログラムA】
~ザ・シンフォニーホール開館30周年記念~
【問】ABCチケットセンター 06-6453-6000

■2012年5月28日(月) 19:00 東京/東京文化会館 【プログラムB】
【問】都民劇場 03-3572-4311

■2012年5月29日(火) 19:00 東京/サントリーホール 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
モーツァルト:オペラ「フィガロの結婚」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
          (東京5/29 ヴァイオリン:クリスティアン・テツラフ)
          (大阪5/27 ヴァイオリン:竹澤恭子)
      ***
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 op.68

【プログラムB】
ハイドン:交響曲第70番 ニ長調 Hob.I-70
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
          (ヴァイオリン:クリスティアン・テツラフ)
     ***
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 op.55 「英雄」

PAGEUP