NEWSニュース

2011/10/03 |

★パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――京都公演

ツアー2日目は京都公演。
今日は良い天候に恵まれ、太陽の光が降り注ぐようなサンタ・チェチーリア管のサウンドに、まさにぴったりな天気です。

今日のプログラムは、前半がロッシーニとヴェルディのオペラの序曲を3曲。
後半は昨日の前半と同じく、リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」です。

ロッシーニとヴェルディは流石に自分たちの国の生んだ音楽。頭からイタリアン・サウンド全開!もうイタリアン・サウンドとしか言いようのない美しい音色とスタイル、それに"ブリオ"と音圧で、舞台裏スタッフも「やっぱり、イタリアのオケにイタリアものをやらせたら天下一品だぁ~」とみんな脱帽。




この超一級のイタリアン・サウンド。一昨日からその魅力を考えているのですが、見えてくるものの一つは「出し惜しみしない」ということでしょうか。
とにかく「惜しげもなく」表現し、「惜しげもなく」駆け抜け、「惜しげもなく」歌います。とっても直截的。
そんな彼らを見ていると、「みんな何だって我慢するんだい?したいようにしなきゃ。人生を楽しまなきゃ!」なんて言葉が聞こえてきそうです。

後半「シェエラザード」の第3楽章「若い王子と王女」はこれまた特筆もの。
あのとびきり甘い、夢見るようなメロディを、「愛する人を余すところなく愛するんだ」と言わんばかりに、たっぷりと切なく歌いあげていました。

このプログラミングで前半・後半を聴いてみると(舞台裏でですけど)、
イタリアの血で奏でるロシア作品、というところに絶妙のマッチングが見出せます。
(パッパーノも公演プログラム掲載のインタビューで話していました!)

全部を聴き終えた後の爽快感はなんて言葉にしていいのでしょうね。
本当に言葉になりません。
袖から覗いてみると、客席は盛大なブラボーが飛び交い、お客様方の顔は笑顔にあふれていました。
先に書いた、私たちが忘れがちな大事なことを思い出させてくれたことへの感謝なのかも。

さて、明日の月曜はいよいよ東京へ!
(その彼らが出演する10/3のNHK音楽祭・・・NHKホールでの演奏会は、19時からNHK-FMで生放送されます)



■アントニオ・パッパーノ(指揮) ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 【東京公演】
2011年10月5日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール
チケットのお申し込みはこちらまで


【ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 2011年10月 来日ツアー】
アントニオ・パッパーノ(指揮)
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)

ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 プロフィール
ボリス・ベレゾフスキー プロフィール

■2011年10月1日(土) 14:00 名古屋/愛知県芸術劇場コンサートホール 【プログラムB】
~第29回名古屋クラシックフェスティヴァル~
【問】中京テレビ事業 052-957-3333

■2011年10月2日(日) 15:00 京都/京都コンサートホール 【プログラムC】
【問】京都コンサートホール 075-711-3090

■2011年10月3日(月) 19:00 東京/NHKホール 【プログラムD】
~NHK音楽祭2011~
【問】NHKプロモーション 03-3468-7736

■2011年10月5日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2011年10月6日(木) 19:00 福井/ハーモニーホールふくい 【プログラムE】
【問】ハーモニーホールふくい チケットセンター 0776-38-8282


【プログラムA】
プッチーニ: 交響的前奏曲
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18 (ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー)
  ***
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35

【プログラムB】
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

【プログラムC】
ロッシーニ: オペラ「ウィリアム・テル」序曲
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)/オペラ「運命の力」序曲
  ***
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35

【プログラムD】
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)
リスト: ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 (ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー)
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

【プログラムE】
ロッシーニ: オペラ「ウィリアム・テル」序曲
プッチーニ: 交響的前奏曲
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

(*) ヴェルディのオペラ「アイーダ」では、通常冒頭に「前奏曲」が演奏されますが、
今回の「序曲」は「前奏曲」とは別に作曲された、演奏機会の少ない希少な曲です。


【パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 関連記事】
注目コンビ・その2―― A.パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、発売中 (2011.5.9)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の演奏動画が見られます! (2011.5.25)
イタリアからの熱き風!サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす!連載パート1:「"サンタ・チェチーリア"って何?」の巻 (2011.7.21)
伊からの熱き風!~サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす~ 連載パート2「イタリアの血が歌う、熱血漢パッパーノの魅力」 (2011.8.12)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その1) (2011.8.26)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その2) (2011.9.1)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その3) (2011.9.10)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、来日直前特別編その1――絶賛の2007年来日 (2011.9.13)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その2―― 今夏ロンドン・プロムスでの絶賛 (2011.9.23)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その3 ~サルツブルク音楽祭初登場での賛辞~ (2011.9.26)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の新譜をEMIサイトで試聴できます! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管が挑む「シェエラザード」の魅力をとことん! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編4 ~地中海芸術の粋~ (2011.9.28)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 特別編5 ~音楽先進国イタリア~ (2011.9.30)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 絶好調のリハーサル真っ最中! (2011.10.1)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!-名古屋公演 (2011.10.2)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――NHK音楽祭 (2011.10.4)
万事快調のベレゾフスキー&パッパーノ&チェチーリア管、今晩いよいよオペラシティ公演! (2011.10.5)
PAGEUP