NEWSニュース

2010/12/09 | KAJIMOTO音楽日記

●ユリアンナ・アヴデーエワの使用楽譜につきまして

12月8日(水)に東京オペラシティにて行われたユリアンナ・アヴデーエワのオール・ショパン・プログラムのリサイタルでは、全ての演奏曲目において、奏者の希望により、「ナショナル・エディションNational Edition」が使用されました。「ナショナル・エディション」とは、ポーランド政府がピアニストのヤン・エキエル教授を編纂責任者として迎え校訂・出版している、ショパン作品の楽譜です。「ナショナル・エディション」は、ショパンの自筆譜をはじめとする重要な資料の綿密な再調査と、「パデレフスキ版」と呼ばれる旧ナショナル・エディションの見直しを経、作成されているものです。
尚、ショパン国際ピアノ・コンクールは、2005年(第15回)より、コンクールにおける「ナショナル・エディション」の使用を推奨しております。ユリアンナ・アヴデーエワは、去る12月4日・5日にソリストとして出演したNHK交響楽団の定期公演においても、「ナショナル・エディション」を使用いたしました。
何卒ご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。



【ユリアンナ・アヴデーエワ 関連記事】
 ・ ショパン・コンクール優勝者ユリアンナ・アヴデーエワがNHK交響楽団にデビューします! (2010.10.27)
 ・ 優勝おめでとうユリアンナ!東京でのリサイタルが決定! (2010.11.25)
 ・ 假屋崎省吾さんよりユリアンナへの応援メッセージが届きました! (2010.12.3)
 ・ ユリアンナ・アヴデーエワの使用楽譜につきまして (2010.12.9)
 ・ アヴデーエワとN響の共演を今月26日の「N響アワー」でお楽しみください! (2010.12.19)
PAGEUP