NEWSニュース

2010/11/17 | KAJIMOTO音楽日記

●ヤンソンス&コンセルトヘボウ管が記者会見を行いました


世界最高峰のオーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が、おとなり韓国での公演を大成功させ、週末に無事来日しました。 昨日15日、都内では記者会見が行われ、楽団とは初の来日ツアーとなる新しい事務局長ヤン・ラーン氏、マリス・ヤンソンス第6代首席指揮者、招聘元KAJIMOTOの梶本眞秀が登壇。
マエストロ・ヤンソンスは、マーラーの大作・交響曲第3番の演奏や日本への想いについて丁寧に語るほか、「お元気そうで何よりです!」と記者の方から声を掛けられ大喜び。会見は終始なごやかに進行しました。

会見の様子や写真は、下記のサイトでご覧いただけます!
http://www.cdjournal.com/main/news/mariss-jansons/35141

またコンセルトヘボウ管は、詳細なツアーレポートを動画にて配信中です。
http://www.youtube.com/rcolive


ヤンソンス率いるコンセルトヘボウ管は、早速15日夜より順調に公演を開始。
本日の京都公演を終えたのち、明日は名古屋の愛知県芸術劇場に登場します!!
どうぞご注目ください。


ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 プロフィールと公演スケジュールはこちら


【マリス・ヤンソンス指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 関連記事】
 ・ 待望!ヤンソンス/コンセルトヘボウ管、まもなく受付開始 (2010.6.4)
 ・ マーラー記念イヤー:11・12月、ゲルギエフとヤンソンスがマーラーを振ります! (2010.11.8)


PAGEUP