NEWSニュース

2009/08/05 | KAJIMOTO音楽日記

●マンゴーヴァ賛!―― ピアニストの上杉春雄さんからメッセージが届きました


札幌で医師の仕事を続けながら(!)、さらなる充実した演奏活動を続けているピアニストの上杉春雄さん。上杉さんはCDや実演を聴いて、以前からプラメナ・マンゴーヴァのピアノに興味をもっておられ、今や彼女の大ファン。
今回、日本での本格リサイタル・デビューを果たすマンゴーヴァのためにメッセージをいただきました。

この人の音楽、大好き!今上手にピアノを弾く若手がどんどん出てきているけれど、この人はすごい。僕の主観を言わせてもらえば、40歳以下――U-40最高のピアニストの一人だ。

U-40といえば名だたるキーシンや、世界の人気者ラン・ランなども入る激戦区、下手なピアニストであるはずがない。いや、下手どころか、これほど「上手い」ピアニストも他にいない。轟音のような最強音から、声を潜める最弱音まで、決して音は割れずかすれず、豊かな美しさに満ちている。一音一音にこめられた知性の輝き、そしてなんと自然な歌!リストの編曲物などを傷なく鮮やかに弾ききる技とパワーもある。その結果、たった小品1曲でも立派な交響曲を聴いたような充実感。リズム感もよい。

要するに何でも揃っている演奏なのだけれど、でも一番大事なのはハート。そう、この人の音楽はとにかく温かいハートに満ちているのだ。いつくしむように弾かれたその音に触れたら、きっとあなたの心にも温かいものが溢れてくるだろう。人は結局こういう豊かな気持ちを味わうために音楽を大事にしてきたんだ、と、納得させられるものが、この人の音楽にはある。


詳細&チケットのお申し込み

プラメナ・マンゴーヴァ プロフィール

上杉春雄オフィシャルウェブサイト
PAGEUP