NEWSニュース

2019/01/24 | O.A情報

◆藤倉大、最新個展の模様が1/25(金)NHK-BS「クラシック倶楽部」でオンエア!




イギリスを拠点に活動する世界的作曲家・藤倉大がプロデュースをした、Hakuju Hall 開館15周年記念公演『藤倉大 個展』(2018年10月20日に開催)の模様がNHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」にて放送されます。
開館15周年を記念してHakuju Hallが委嘱し、この日に世界初演が行われた「はらはら~ホルンのための~」を始め、第一線で活躍するソリストとのコラボレーションによって生み出された2014年以降の最新楽曲群をぜひお楽しみください。


<放送情報>
2019年1月25日(金) 午前5時00分~ 午前5時55分
NHK-BSプレミアム
クラシック倶楽部「藤倉大 個展」
http://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2019-01-25/10/14208/1894480/


藤倉大 :「NEO(音緒)~三味線のための~」
(三味線)本條 秀慈郎

藤倉大 :「きいて~ソプラノのための~」
(ソプラノ)小林 紗羅

藤倉大 :「GO~ピアノと管楽のための~ から 第5楽章」
(クラリネット)吉田 誠

藤倉大 :「ゆらゆら~ホルンと弦楽四重奏のための~」
(ホルン)福川 伸陽、(弦楽四重奏)カルテット・アマービレ

藤倉大 :「Osm(オズム)~チェロのための~」
(チェロ)新倉 瞳

藤倉大 :「チャンス・モンスーン~ギターのための~」
(ギター)村治 奏一

藤倉大 :「はらはら~ホルンのための~」
(ホルン)福川 伸陽




【藤倉大 プロフィール】
1977年大阪生まれ。15歳で渡英し、エドウィン・ロックスバラ、ダリル・ランズウィック、ジョージ・ベンジャミンに師事。数々の作曲賞を受賞。ザルツブルグ音楽祭、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、バンベルク響、シカゴ響、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シモン・ボリバル響、アルディッティ弦楽四重奏団等から委嘱され、国際的な共同委嘱もますます増えている。これまでに、ブーレーズ、エトヴェシュ、ノット、ドゥダメル、アルミンク、リープライヒ、井上道義、山田和樹らが藤倉の作品を初演・演奏している。2014年4月、名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスに就任。2015年3月には、シャンゼリゼ劇場、ローザンヌ歌劇場、リール歌劇場の共同委嘱によるオペラ「ソラリス」がシャンゼリゼ劇場にて世界初演され、現地メディアからの評価も高い。最近の活動としては、東京芸術劇場で開催されるいる大型現代音楽イベント「“Born Creative” Festival (2017、18年開催)」のアーティスティック・ディレクターを務めるほか、オーケストラのための『グローリアス・クラウズ』(名フィル、WDR交響楽団、イル・ド・フランス管弦楽団共同委嘱)世界初演など。録音も多数。楽譜はリコルディ社から出版されている。Minabel Recordsを主宰。
http://www.daifujikura.com
 

PAGEUP