NEWSニュース

2009/07/03 | ニュース

◆中野振一郎(チェンバロ) チェコ公演リポート & 最新CD情報


2009年LFJ「バッハとヨーロッパ」出演でも話題となったチェンバロ奏者の中野振一郎が、このたびチェコでリサイタルを行いました。また、6月25日には二枚のCDがリリース。今後の活躍にご期待ください。
■2009年6月 チェコ公演
23日(火):リサイタル(チェスカー・リーパ) [A]
24日(水):リサイタル(ヤブロネツ) [A]
26日(金):リサイタル(クラム・ガラス宮殿/プラハ) [B]
28日(日):リサイタル(マルチヌー・ホール/プラハ) [B]

【プログラム】
A...フランス物、イタリア物とバッハを中心としたドイツ物等による「ミックスプログラム」。
B...リュリからデュフリまでの「オール・フランス・プログラム」。

クラム・ガラスは18世紀の貴族の名前、大の音楽愛好家だったようで、クラム自身の主催でプラハにて公開コンサートが行われた音楽史上初めて行われた記念碑的場所。モーツァルトにも演奏会をさせたとの記録が残っています。また、今回の演奏会には指揮者のエリシュカご夫妻もいらしてくださいました。
また、マルチヌー・ホールは、信じられないくらい素晴らしい響きで、チェンバロの響きも絶好調。因みにチェンバロはタスカンモデル。フランス・プログラムでここまでお客様が興奮してくださったことに中野自身も大満足だったようです。


■最新CD情報
6月25日若林工房より「女王の祭壇~パーセル作品集」(WAKA-4134)、「すばらしい喜び~ヘンデル作品集」(WAKA-4135)がリリースされました。

若林工房

「女王の祭壇~パーセル作品集」(WAKA-4134)
「すばらしい喜び~ヘンデル作品集」(WAKA-4135)


中野 振一郎 プロフィール



Photo: 稲見伸介
PAGEUP