NEWSニュース

2018/10/16 | KAJIMOTO音楽日記

●藤倉大 × 若林恵 × パスカル・ロフェの語る「新しい音が生まれる仕組み」10/28(日)開催!-"MEET THE ARTISTS"第2弾




アーティストの新たな側面に焦点を当てるイヴェントシリーズ「MEET THE ARTISTS」。第一弾は6月にピアニストのユリアンナ・アヴデーエワ、江口玲を迎えて実施し大盛況のうちに終えました。ありがとうございました。

この度、第2弾として、ロンドンを拠点に活躍し日本を代表する作曲家の藤倉大、前WIRED日本版編集長で編集者/ライターの若林恵、そしてコンテンポラリーに精通する世界的指揮者パスカル・ロフェの3名によるトーク・セッションをお届けします。
世界の第一線で活躍する作曲家、指揮者、編集者のそれぞれの領域に通じる“ストラクチャー(構造、仕組み)”をキーワードに、その着想、制作過程からスコアリーティング、マネタイズまでじっくりと紐解いていきます。

コンテンポラリーファンはもちろん、興味はあっても今まで今まで触れたことのない方、作曲家、指揮者、編集者を目指す学生の方等々、どうぞお気軽にお越しください!

なお、藤倉は10/20(土)にHakuju Hallにて「藤倉大 個展」、10/31(水)東京芸術劇場にてオペラ『ソラリス』日本初演を開催します。


MEET THE ARTSTS Vol.2
藤倉大 × 若林恵 × パスカル・ロフェ
「コンテンポラリーとストラクチャー」


2018年10月28日(日)18:00 (17:15受付開始)
渋谷ガーデンタワー内 特設会場
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-17 


 Session 1 18:00-18:45
  藤倉大 × パスカル・ロフェ

 Session 2 18:45-19:30
  若林恵 × 藤倉大

 Session 3 19:45-
  藤倉大 × パスカル・ロフェ × 若林恵

 ※ 終了後アフターセッションあり(自由参加)
   チケット発売中!
   全自由席 ¥2,500 (100名限定)
   U25 ¥1,000
   http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=716/


「MEET THE ARTSTS」とは?
KAJIMOTOとカルチュアエンタテインメントとのコラボレーションによって誕生したコミュニティ「CLASSIC×T-FAN」(← https://classic.fan.tsite.jp/ )のコンテンツの1つ。
新たな側面からそのアーティストの魅力に迫ることを目的としたイヴェントシリーズです。



藤倉大|DAI FUJIKURA
1977年大阪生まれ。15歳で渡英し、ベンジャミンらに師事。
数々の著名な作曲賞を受賞。世界各国の音楽祭、
バンベルク響、シカゴ響などのオーケストラから作品を委嘱され、
これまでにブーレーズ、ノット、ドゥダメルらが作品を演奏している。
17年4月には、革新的な作曲家に贈られる
伊の『ヴェネツィア・ビエンナーレ』音楽部門銀獅子賞を獲得した。
楽譜はリコルディ社から出版されている。
http://www.daifujikura.com



パスカル・ロフェ|PASCAL ROPHÉ
パリ国立音楽院卒。1988年、ブザンソン国際コンクール第2位。
ブーレーズ、ロバートソンとともに
アンサンブル・アンテルコンタンポランを指揮するなど、現代音楽の分野で長年活躍。
レパートリーは現代音楽と18-19世紀の交響楽作品を両方扱うバランス感覚をもっていて、
ストラヴィンスキーからブーレーズ、ベートーヴェンに至る楽曲を、
フィルハーモニア管、フランス国立放送フィル、スイス・ロマンド管などと演奏している。
2014年からフランス国立ロワール管の音楽監督に在任中。



若林恵|KEI WAKABAYASHI
1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。
早稲田大学を卒業後、平凡社入社『月刊太陽』編集部所属。
2000年、フリー編集者として独立。
以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。
音楽ジャーナリストとしても活動。
2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。
2018年、黒鳥社(blkswn Publishers)設立。
 

PAGEUP