NEWSニュース

2018/02/09 | ニュース

◆3/3(土)広島交響楽団定期演奏会にパスカル・ロフェ、萩原麻未が代役として出演決定。


広島交響楽団「第378回定期演奏会」に出演を予定しておりました、指揮者のヘスス・ロペス=コボス氏の出演キャンセルに伴い、代役として指揮者のパスカル・ロフェ、ピアニストの萩原麻未の出演が決定いたしました。

【日時】3月3日(土)15:00開演(14:00開場)
【会場】広島文化学園HBGホール
【指揮】パスカル・ロフェ(フランス国立ロワール管弦楽団 音楽監督)
【ピアノ】萩原麻未
【曲目】
 ラヴェル:古風なメヌエット
 プロコフィエフ:バレエ「シンデレラ」組曲第1番
 ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲ニ長調
 ラヴェル:ボレロ
※当初のプログラムから一部変更となりました。
【お問い合わせ】
広島交響楽団 公式ウェブサイト
広島交響楽団事務局 082-532-3080


パスカル・ロフェ(指揮)
Pascal Rophé, Conductor




パリ国立音楽院卒。1988年、ブザンソン国際コンクール第2位。ブーレーズ、ロバートソンとともにアンサンブル・アンテルコンタンポランを指揮するなど、現代音楽の分野で長年活躍。レパートリーは現代音楽と18-19世紀の交響楽作品を両方扱うバランス感覚をもっていて、ストラヴィンスキーからブーレーズ、ベートーヴェンに至る楽曲を、フィルハーモニア管、BBC響、フランス国立放送フィル、スイス・ロマンド管、N響などと演奏している。2014年からフランス国立ロワール管の音楽監督に在任中。
アーティストページ


萩原 麻未(ピアノ)
Mami Hagiwara, piano




2010年第65回ジュネーヴ国際コンクールにおいて、日本人として初めて優勝。年によって1位を出さないとされる本コンクールにおいて実に8年振りの快挙となり、一躍注目を浴びた。
広島県出身。広島音楽高等学校を卒業後渡仏し、パリ国立高等音楽院及び同音楽院修士課程、パリ地方音楽院室内楽科、モーツァルテウム音楽院を卒業。出光音楽賞、ホテルオークラ音楽賞、新日鉄音楽賞 フレッシュアーティスト賞、文化庁長官表彰など受賞歴多数。
アーティストページ
 

PAGEUP