NEWSニュース

2017/11/06 | KAJIMOTO音楽日記

●ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管、来日しました!―― 当コンビのロンドン公演・現地レビューを。


昨日ついに日本に到着し、明日7日の札幌公演を皮切りに来日ツアーを開始するヘルベルト・ブロムシュテット&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。
今回のヨーロッパ&アジア・ツアーの初日となったロンドン、バービカンセンターでの公演(10/22)のレビューが英・フィナンシャル・タイムズに掲載されましたのでその一部をご紹介いたします。
日本公演は残席わずかの公演もございます。チケットのお買い求めはお早めに!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

誇張の無い、凛としたブルックナー
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団/ブロムシュテット@ロンドン・バービカンセンター

フィナンシャル・タイムズ 原文 :
https://www.ft.com/content/700dba36-b8a4-11e7-9bfb-4a9c83ffa852


―― ブロムシュテットは、卓越したブルックナー指揮者として定評がある。おまけにゲヴァントハウス管弦楽団は、1884年にブルックナーの第7交響曲の初演を任されたオーケストラだ。つまりこのコンビは、“ブルックナーの7番”の権威として申し分のない存在なのである。
バービカンで定期的に開かれるゲヴァントハウス管弦楽団の公演では、この世界最古のオーケストラが長い年月をかけて骨の髄まで沁み込ませてきたレパートリーの数々を、堪能することが出来る。この日の楽団のサウンドは、かつてブロムシュテットがカペルマイスターを務めていた時代に彼らが備えていた、自然な均整のとれたぬくもりを、多分に取り戻していた。その後、このオーケストラに強靭で輝かしいサウンドをもたらしたのが、後任としてカペルマイスターに迎えられたシャイーであったというわけだ。(中略)

90歳のブロムシュテットは、すこぶる元気そうで、未だかつてないほどに情感豊かな身振りを見せた。第7番は淀みなく流れていった。真のブルックナー指揮者の試金石ともいえる各セクションを繋ぐ経過部の処理は、いずれも滑らかであったし、強力な対旋律を奏でた第2ヴァイオリン・セクションの傑出ぶりは、とりわけ私たちの耳を喜ばせた。それは、かつて晩年のヨッフムが有無を言わせずスコアから引き出したような、ごく主観的なブルックナー演奏とは違う。ブロムシュテットのブルックナーは、誇張の無い、凛としたブルックナーなのである。――


2017年10月25日
評: リチャード・フェアマン


ヘルベルト・ブロムシュテット指揮
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
【東京公演】
2017年11月11日 (土) 15:00 開演 (14:30 開場)
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=584
2017年11月12日 (日) 15:00 開演 (14:30 開場)
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=585
サントリーホール


ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
2017年11月来日ツアー
〈楽団創立275年記念・初演作品によるプログラム〉
http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=206/

■11月7日(火) 19:00 札幌コンサートホールKitara 大ホール
【プログラムC】
https://www.kitara-sapporo.or.jp/event/dsp.php?num=2033
■11月9日(木) 19:00 横浜みなとみらいホール
【プログラムB】
http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2017/11/post-245.php
■11月11日(土) 15:00 サントリーホール
【プログラムB】
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=584
■11月12日(日) 15:00 サントリーホール
【プログラムC】
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=585
■11月13日(月)19:00 NHKホール(NHK音楽祭2017)
【プログラムA】
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=719



【プログラムA】
ブラームス: ドイツ・レクイエム op.45
(ソプラノ: ゲニア・キューマイヤー、バリトン: ミヒャエル・ナジ、合唱: ウィーン楽友協会合唱団)

【プログラムB】
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 (ヴァイオリン: レオニダス・カヴァコス)
     ***
シューベルト:交響曲第8番 ハ長調 D944 「ザ・グレイト」

【プログラムC】
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン: レオニダス・カヴァコス)
     ***
ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調(ノーヴァク版)
 

PAGEUP