NEWSニュース

2017/10/17 | KAJIMOTO音楽日記

●14年ぶりに甦る伝説!歌姫キャスリーン・バトル@大阪公演レポ



リハーサルに熱の入るバトル


「バトルはやはり健在だった!」というのは、弊社のベテラン・スタッフたちの声。
「どう表現したらいいのか・・・バトルさんのリリックな声に一気に引き込まれました!」というのは、かつてのバトル・フィーバー(?)を経験したことのない若手スタッフたちの声。

ブログやSNSを検索しますと、お客様の声も多かれ少なかれ、こうしたものだったようです。感動、興奮と驚きの中、14年ぶりに来日したキャスリーン・バトルのソプラノ・リサイタルの初日公演が、大阪のザ・シンフォニーホールで無事終了しました。最後は盛大なスタンディング・オベイション!

アンコールは5曲。ここで書いている私は東京にいますが、初来日から聴いていた自分にとって、なんという懐かしいラインアップ!・・・メインの曲もそうですが、こうしたアンコールの曲たちを見ていると、まさしくバトルのコンサート以外何物でもありません。

さて、興奮気味の若手スタッフたちからきたメールによれば・・・
「リハーサルで舞台に現れたバトルさんはホールの響きを確認するように、『オンブラ・マイ・フ』をそっと歌い出しただけなのですが、そこにいた僕らはあっという間に引き込まれてしまって。なんでしょうね?自分は歌に詳しいわけではないですが、ああいうのがコロラトゥーラと言うのですね?正確なピッチ、コントロールされたビブラートによってとても澄んだ高い声がなんとも心地良く、同時にすごく存在感があって。
黒人霊歌ではゾクッとして身体中が熱くなりました!」

だったとのこと。

かつてを知る者にとっても、そうした感想は嬉しい限りです。(早く聴きたいです)


今度の公演は10/19(木)東京サントリーホールにて!
昔からのファンの方々はもちろん、初めてバトルを聴くという若い方、そして歌が好き、または声楽を学んでいる、という方々、たくさんの方々で伝説の彼女を迎え、音楽の時をシェアできたら嬉しいです。


【チケットのお申込みはこちらまで】
 

PAGEUP