NEWSニュース

2017/02/02 | O.A情報

◆2月5日(日) NHK Eテレ「クラシック音楽館」で、井上道義が38年ぶりに登場したN響第1849回 定期公演が放送されます。




交響曲全曲のプロジェクトを行い、そのCDをBOXでリリースするほど井上道義の思い入れの強い作曲家、ショスタコーヴィチの作品をN響と熱演。ピアノ協奏曲では、ピアノにアレクセイ・ヴォロディンを迎え、トランペットを菊本和昭が務めて存分に聴かせます。
是非、ご覧ください。

<放送情報>
NHK Eテレ「クラシック音楽館」
2月5日(日)午後9時-11時

ショスタコーヴィチ
1.ロシアとキルギスの民謡による序曲 op.115
2.ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 op.35
3.交響曲第12番 ニ短調 op.112「1917年」

NHK交響楽団
ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン
トランペット:菊本和昭
指 揮:井上道義
番組サイト

井上道義 プロフィール
アレクセイ・ヴォロディン プロフィール
菊本和昭 プロフィール

2月22日には、井上が東京芸術劇場にて大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮し、ショスタコーヴィチ/交響曲第11番、12番を演奏します。是非、お越しください。

大阪フィルハーモニー交響楽団 第50回東京定期演奏会


<CDリリース情報>
井上道義とショスタコーヴィチが日比谷公会堂にて伝説と化す!

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂
井上道義(指揮)



CD BOX:OVCX-00100
¥15,000(税別)
2017年2月22日発売

詳細は、下記サイトをご覧ください。
http://www.octavia.co.jp/shop/spex/006098.html

今後とも、井上道義の活動にご注目ください。
 

PAGEUP