NEWSニュース

2016/11/04 | KAJIMOTO音楽日記

●田部京子、11月18日に新譜CD『モーツァルト:ピアノ・ソナタ11番/ピアノ協奏曲第23番』をリリース。


 田部京子の大きな魅力の一つはその美しい音色にあります。とりわけモーツァルトでは一つ一つの音が繊細に響き、ピアノ・ソナタ11番の明るい音楽を弾いたとき、他の楽曲からは聴くことの出来ない新たな魅力を発見できるに違いありません。
 また、2015年6月の小林研一郎の指揮による日本フィルハーモニー交響楽団とのピアノ協奏曲第23番も収録。
 会場全体が軽やかで暖かい、モーツァルトの優美な世界に引き込まれた、その空気をそのままCDでお楽しみいただけます。
 なおCDリリースの翌日11月19日、浜離宮朝日ホールにて行われます「田部京子《シューベルト・プラス》」で、当盤に収録のモーツァルト『ピアノ・ソナタ第11番「トルコ行進曲付き」』を演奏されます。是非お聴き逃しなく!



田部京子
レーベル:Octavia Records Inc.
発売日:2016年11月18日(金)
金額:¥3,200(税別)
品番:OVCT-00125



田部京子《シューベルト・プラス》第1回
Schubert Plus+ Vol.1
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=575/

2016年11月19日 (土) 14:30 開演 (14:00 開場)
浜離宮朝日ホール
(全指定席)S¥5,200 A¥4,200

●プログラム
モーツァルト: ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」
ブラームス: 2つのラプソディ op.79
シューベルト: ピアノ・ソナタ第18番 ト長調 D894 op.78「幻想」

【主催】KAJIMOTO/朝日新聞社
 

PAGEUP