NEWSニュース

2016/10/21 | 大切なお知らせ

■11/4(金)バンベルク交響楽団 東京オペラシティ公演  曲目一部変更のお知らせ


2016年11月4日(金)に東京オペラシティ コンサートホールで行われます「ヘルベルト・ブロムシュテット指揮バンベルク交響楽団」の曲目の一部が、指揮者の強い希望により下記の通り変更となりました。(主催: 東京オペラシティ文化財団)

なお、この変更に伴う、チケットの払い戻しはございません。
お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


[変更後の曲目]
モーツァルト:交響曲第34番 ハ長調 K.338
当初予定しておりました、ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」op.84序曲から変更となります

(休憩)

ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調(ノーヴァク版)(変更無し
(終演予定:21:10頃)


東京オペラシティ文化財団公式ウェブサイト
http://www.operacity.jp/topics/detail.php?id=348


●マエストロ・ブロムシュテットからのメッセージ

バンベルク交響楽団
東京オペラシティ公演にご来場くださる音楽愛好家の皆さまへ

私とバンベルク交響楽団のメンバーは、日本の皆さまの前で演奏することが心から好きで、東京オペラシティでのコンサートをできるだけ豊かにしたいと思っています。そのため、予定していた「ベートーヴェン:エグモント序曲」ではなく、「モーツァルト:交響曲第34番ハ長調」で演奏会を始め、「ブルックナー:交響曲第7番ホ長調」の前に休憩を入れることにしました。このモーツァルトの交響曲は演奏頻度こそ多くはないものの、とても陽気で魅力的な作品であり、特に緩徐楽章は本当に宝物のような音楽です。
皆さまにお会いできることを心から楽しみにしております。

ヘルベルト・ブロムシュテット





※他公演の曲目変更はございません。
 

PAGEUP