NEWSニュース

2016/03/11 | ニュース

◆角田鋼亮が、大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任します





 いま大変注目されている若手指揮者の一人、角田鋼亮(つのだ・こうすけ)が、2016年4月より、大阪フィルハーモニー交響楽団の指揮者に迎えられることになりました。(タイトルは「指揮者」となります。)

角田は、1980年愛知県生まれ。東京芸術大学大学院指揮科ならびにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程を修了し、これまでに、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ブランデンブルク交響楽団をはじめ、国内外のオーケストラを数多く指揮しており、オペラ、バレエ、ミュージカルなど、幅広い分野で活動しております。現在、セントラル愛知交響楽団の指揮者も務めており、これらを兼務する形となります。
大阪フィルには過去2回客演しており、いずれも楽団員の信頼を大きく得て、説得力のある力強いサウンドを引き出しました。就任後の共演は、10月21日「ソワレ・シンフォニーVol.8」をはじめ、学校の音楽鑑賞会等、様々な機会を予定しております。

<角田鋼亮からのメッセージ>
この度、大阪フィルハーモニー交響楽団の指揮者に就任いたします。格調高い伝統を持ち、実りある活動を続けるオーケストラのパートナーになれることを、心から光栄に思います。これまで共演させていただいた演奏会では、いずれも幸せな音楽創造の空間となりました。大阪フィルの持つサウンドに、自分の意志や意見を付け加えられるように今後挑戦していきたいと思います。誠心誠意を持って、務めて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

詳細は、公益社団法人 大阪フィルハーモニー協会のHPをご覧ください。
http://www.osaka-phil.com/

日本の音楽界の未来を担う一人、若きマエストロ角田鋼亮と大阪フィルによる今後の公演にどうぞご期待ください。

角田鋼亮 プロフィール
 

PAGEUP