NEWSニュース

2015/10/10 | KAJIMOTO音楽日記

◆中国最高峰―中国フィルがやって来る! (2) 13歳のピアニスト ジョンソン・リ

 中国人のピアニスト、近年大活躍ですね。ラン・ラン、ユジャ・ワン、ユンディ・リや、若手ではハオチェン・チャンに、ニュウニュウ……。広大な中国のこと、その層の厚さを感じさせられますが、この度、13歳のニューフェースが来日します。



 ロン・ユー指揮、広州交響楽団との共演がご覧いただけます。11月の公演と同じ、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番を弾いていますが、どうですか、この集中力!(でも、バックステージに戻ると途端に、この年頃の少年らしい顔つきに戻るのだそう❤)

 ラン・ランの薫陶を受け、天才ピアノ少年として国際的な活躍をしている彼の名前はジョンソン・リ。既にカーネギーホール・デビューを果たしており、ラン・ランとはベートーヴェン「4手のためのソナタ」で共演、各国のメディアに取り上げられています。これからの成長も楽しみですね。





<中国フィルハーモニー管弦楽団 公演情報>
2015年11月4日 (水) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール
2015年11月5日 (木) 18:00 軽井沢大賀ホール

指揮: ロン・ユー
京劇俳優: 王 怡(ワン・イ)
ピアノ: ジョンソン・リ

京劇《貴妃酔酒》[鄒野(ツォウ・イエ)による管弦楽版]
モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
チャイコフスキー: 交響曲第6番 ロ短調 op.74「悲愴」

【チケットのお申し込み】
 

PAGEUP