NEWSニュース

2014/03/17 | KAJIMOTO音楽日記

●ゲヴァントハウス管、来日!リッカルド・シャイーが記者懇親会に登場

昨夜、上海公演を終えたシャイー&ゲヴァントハウス管が無事に来日しました(2011年以来、3年ぶりの日本ツアーです。Welcome back to Japan, The Gewandhaus Orchestra!)

本日は早速、朝早くから東京オペラシティにて旺盛にリハーサル(元気です)。
まずは明日18日・19日・21日にメンデルスゾーンの協奏曲で共演する五嶋みどりとのタッグからご覧ください↓





つづけて、長年のオーケストラのパートナー、ネルソン・フレイレとのリハーサルも行われました↓



来日ほやほやのシャイーですが、スタミナと情熱と好奇心は人一番。
リハーサルを終えた新宿から、銀座「ブルガリ」へとワープし、記者たちとしばしの歓談を楽しみました。





この記者懇親会でシャイーは、今回の日本ツアーで取り上げる作曲家たちについて冒頭から熱弁!
「マーラーの第7番は、彼の10曲のシンフォニーの中でもっとも存在が地味かもしれないが、奇跡的な価値をもつ作品。複雑でアプローチに勇気を強いられる曲だが、シェーンベルクが高く評価していたことも十分に頷ける。」と述べました。
これに加えシャイーは、2011年以来、楽団とともに挑んでいるマーラーの交響曲チクルスの概要や、若かりしマーラーがライプツィヒで指揮者・作曲家として貴重な数年を過ごしたエピソードなども披露しました。

「今回、私とゲヴァントハウス管がショスタコーヴィチを演奏することを皆さん意外に思われたのでは・・・?」と切り出したシャイーは、
「実はショスタコーヴィチの作品は、ゲヴァントハウス管のレパートリーのバックボーンのひとつ」と目を輝かせて力説。
ここで楽団とショスタコーヴィチの作品が築いてきた関係にも細かに触れ、とりわけクルト・マズアとゲヴァントハウス管が70年代に行った歴史的なチクルスについて、誇らしげに語っていました。
(などなど、マエストロの熱血トークはつづく・・・)

会見中、シャイーが初めてゲヴァントハウス管を指揮した時のエピソードがふいに飛び出すと、マエストロは身を乗り出し、さまざまな思い出話を披露。
(当時アシスタントを務めていた)カラヤンのすすめで、ドイツの高貴な伝統を継承するゲヴァントハウス管を初めて指揮した若い頃(80年代半ば、ベルリンの壁が崩壊する前のエピソードです)を振り返り、「私(=シャイー)と楽団の相性が合うのではないかという、カラヤンの “勘”“予感”」に対する感謝の想いを述べました。

記者との懇親会を終えたシャイーは、今晩、東京オペラシティに登場!
日本ツアー初日の今日は、ネルソン・フレイレとの「皇帝」協奏曲のほか、メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番が予定されています。


<ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 2014年ツアースケジュール>

指揮: リッカルド・シャイー
ピアノ: ネルソン・フレイレ(3/17)
ヴァイオリン: 五嶋みどり(3/18、19、21)

■2014年 3月17日(月) 19:00/東京 東京オペラシティ 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月18日(火) 19:00/川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月19日(水) 19:00/大阪 フェスティバルホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960
*フェスティバルホール オープニングシリーズ

■2014年 3月21日(金・祝) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムB】 ※完売
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月22日(土) 17:00/京都 京都コンサートホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月23日(日) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73 「皇帝」 (ピアノ:ネルソン・フレイレ)
        * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムB】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン:五嶋みどり)
     * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムC】
マーラー: 交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

PAGEUP