NEWSニュース

2014/01/30 | ニュース

◆グスターボ・ヒメノがコンセルトヘボウ管に指揮デビュー/ヤンソンスの代役




グスターボ・ヒメノが2/6・2/7にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に指揮デビューすることが楽団より発表されました。
ヒメノは、マリス・ヤンソンスが健康上の理由で出演を取りやめることに伴い、彼の代役として両日の公演を指揮いたします。

両公演のソリストは、巨匠イェフィム・ブロンフマン。メイン・プログラムは、来月にブロンフマンとニューヨーク・フィルハーモニックが日本で披露予定の「リンドベルイ:ピアノ協奏曲第2番」です。
なお「リンドベルイ:ピアノ協奏曲第2番」はニューヨーク・フィル、コンセルトヘボウ管、イェーテボリ響による共同委嘱作品です。

ヒメノは、コンセルトヘボウ管の元・首席打楽器奏者。2012-13年/13-14年のシーズンに同団でヤンソンスの副指揮を任され、並行してクラウディオ・アバドに招かれ彼の副指揮も度々務めておりました。

ヒメノは2013年10月に仙台フィルを振り日本デビューを果たしております(詳細)。


マエストロ・ヤンソンスの一日も早い復帰を心よりお祈りいたします。

グスターボ・ヒメノ プロフィール

PAGEUP