NEWSニュース

2012/12/22 | KAJIMOTO音楽日記

●【動画】ライナー・キュッヒルが自ら紹介!「ウィーン・リング・アンサンブル」の世界

3名のメンバー・チェンジを経た新生「ウィーン・リング・アンサンブル」が、年明け1月4日より、毎年恒例のニューイヤー・全国ツアーを行います!

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のかの有名な“ニューイヤーコンサート”が終了次第(来年はフランツ・ウェルザー=メストが指揮台に立ちますね)、すぐさま日本へ駆けつける「ウィーン・リング」。
彼らの公演は、ウィンナー・ワルツの流麗な3拍子とともに、爽やかに、そして前向きな気持ちで新年のはじまりを過ごしていただける、特別な機会です。

リーダーのライナー・キュッヒルが、先日、NHK交響楽団との共演のため来日しておりましたので、この伝統ある「ウィーン・リング」について、改めて語ってもらいました。



東京サントリーホール公演は、1月7日(月)。
ご来場、お待ちしております!


ウィーン・リング・アンサンブル 日本ツアー 2013

■1月4日(金) 18:45 名古屋/愛知県芸術劇場コンサートホール
【問】テレビ愛知 事業部 052-243-8600

■1月6日(日) 14:00 埼玉/田園ホール・エローラ
【問】田園ホール・エローラ 048-992-1001

■1月7日(月) 19:00 東京/サントリーホール
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■1月11日(金) 19:00 大阪/いずみホール
【問】いずみホール・チケットセンター 06-6944-1188


【プログラム】
J.シュトラウスII : オペレッタ「こうもり」序曲
ワルツ「芸術家の生活」
ポルカ・シュネル「浮気心」
ワルツ「加速度」
ポルカ・シュネル「観光列車」
     ***
ヴェルディ: オペラ・メドレー
ツィーラー: ワルツ「天国の幸せ」
J.シュトラウスII : ポルカ「クラップフェンの森で
ツィーラー: ワルツ「ウィーン娘」
ぶどう畑のギャロップ
J.シュトラウスI : ケッテンブリュッケ・ワルツ
J.シュトラウスII : オペレッタ「こうもり」から チャールダーシュ
ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」


【メンバー】
ヴァイオリン:ライナー・キュッヒル
ヴァイオリン:ダニエル・フロシャウア
ヴィオラ:ハインリヒ・コル
チェロ:ロバート・ネッジ
コントラバス:ミヒャエル・ブラデラー
フルート:ヴォルフガンク・シュルツ
クラリネット:ペーター・シュミードル
クラリネット:ヨハン・ヒントラー
ホルン:ウォルフガング・トムベック

PAGEUP