NEWSニュース

2012/11/26 | ニュース

◆小松長生がベルリン・フィルハーモニーホール開館50周年記念「日独親善第九演奏会」を指揮




 2013年4月、指揮者の小松長生が、ベルリン・フィルハーモニーホールの創立50周年を記念する「日独親善第九演奏会」に出演いたします。小松はブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトおよび日独親善第九合唱団を率い、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」を指揮いたします。

 ベルリン・フィルハーモニーホールは、1963年に施工された世界屈指のコンサートホールで、その杮落し公演(1963年)ではヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団により“第九”が演奏されております。

 日本とドイツの音楽家たちが、平和と友愛のシンボルであるベートーヴェンの“第九”の共同演奏を通して、両国の友好を再確認する機会となりますので、ご注目いただけましたら幸いです。


ベルリン・フィルハーモニーホール開館50周年記念
「日独親善第九演奏会」

 

日時:2013 年4 月10 日(水) 20:00 開演
会場:ドイツ/ベルリン・フィルハーモニーホール
<出演>
指揮:小松長生
合唱指揮:富沢裕
管弦楽:ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルト
ソリスト:ヨーロッパで活躍中の一流ソリストを予定
合唱:日独親善第九合唱団(日本にて公募・男女300名)



小松 長生 プロフィール

PAGEUP