ARTISTSアーティスト

チェロ ゴーティエ・カプソンGautier Capuçon

PROFILE


 1981年生まれ。生地シャンベリで5歳からチェロを始め、パリ音楽院でアニー・コシェ=ザキーヌにチェロを、クリストフ・エジティアーノにピア ノを師事した。1997年同音楽院で一等賞を受賞。その後パリ音楽院でフィリップ・ミラーに師事。ウィーンではハインリッヒ・シフのマスタークラスに参加 した。
 1999年サン・ジャン・ド・リュズのモーリス・ラヴェル・アカデミーで一位に、ニュージーランドのクリストチャーチ・チェロ・コンクールでは2位に入 賞、またトゥールーズのアンドレ・ナヴァラ・コンクールでは優勝を果たした。2000年6月パリ音楽院でチェロと室内楽音楽賞を受賞。フランスの『ヴィク トワル・ド・ラ・ミュジク』に2001年の新しき才能と称され、2004年にはドイツテレビのエコー賞のほかボルレッティ・ブイトーニ・トラスト賞も受賞 した。
 1997・98年にはECユース・オーケストラとグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラに参加し、ベルナルト・ハイティンク、ケント・ナガノ、 ピエール・ブーレーズ、ダニエレ・ガッティ、小澤征爾、クラウディオ・アバドらと共演し、オーケストラでの経験を積んだ。
 その後はソリストとして世界中で活発な演奏活動を展開し、ベルリン、ブリュッセル、ハノーファー、ドレスデン、ロンドン、パリ、ウィーンなどでリサイタ ルを行うほか、ディボンヌ、マントン、サン・ドゥニ、ラ・ロック・ダンテロン、ストラスブール、ベルリン(クラウディオ・アバドの招請による)、イェルサ レム、ロッケンハウス、ラインガウ、ストレーザ、スポレート、サンセバスチャン(ビシュコフ指揮ケルン放送響との共演)、エジンバラ、ダヴォス、ルツェル ン、ヴェルビエ、ロンドン・モーストリー・モーツァルト、ルガーのマルタ・アルゲリッチ音楽祭など著名な音楽祭へ参加している。
 オーケストラではリール、ストラスブール、トゥールーズ、ベルグラード、イェルサレム、リエージュのほかウィーン室内管、スコティッシュ・チェンバー、 チューリッヒ室内管、バイエルン放送響、ベルリン・ドイツ響、ミュンヘン・フィル(P.ヤルヴィ指揮)、ケルン・ギュルツェニヒ管、フランクフルト放送響 (ウルフ指揮)、フランクフルト放送響、ハノーファー北ドイツ放送フィル、ケルン放送響(ビシュコフ指揮)、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケスト ラ、モスクワ放送響(フェドセーエフの指揮)、マルモ響、BBCスコティッシュ響、BBCウェールズ響、ローマ・サンタ・チェチーリア管、ヨーロッパ室内 管(チョン・ミョンフン指揮)、スペイン国立響(ポンス指揮)、パリ室内管, フランス国立放送フィル、モンテカルロ・フィルハーモニー管、パリ管(エッシェンバッハ指揮)、ヘルシンキ放送響(ビシュコフ指揮)、ヒューストン響、ワ シントンナショナル響(スラトキン指揮)、フランス国立管(ソヒエフ指揮)、フィラデルフィア管(デュトワ指揮)、シンシナティ響(P.ヤルヴィ指揮)な どと共演している。
 室内楽も積極的に行っており、これまでにマルタ・アルゲリッチ、ニコラ・アンゲリッチ、ダニエル・バレインボイム、ユーリ・バシュメット、フランク・ブ ラレイ、ジェラール・コセ、チョン・ミュンフン、ミシェル・ダルベルト、エレーヌ・グリモー、スティーブン・コバセビッチ、ガブリエラ・モンテーロ、ラ ベック姉妹、オレグ・マイゼンベルク、ポール・メイエ、エマニュエル・パユ、ミハイル・プレトニョフ、ヴィクトリア・ムローヴァ、レオニダス・カヴァコ ス、ワディム・レーピン、ジャン=イヴ・ティボーデ、マキシム・ヴェンゲーロフ、リーリャ・ジルベルシュタイン、ニコライ・ズナイダー、イザイ・カルテッ ト、 兄であるルノー・カプソンなど、錚々たる一流音楽家たちと共演している。
 レコーディングでは、ヴァージン・クラシックスの専属アーティストとしてルノー・カプソン、フランク・ブラレイとのラヴェルの室内楽、ルノー・カプソン との2枚のデュオCD、ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラとのハイドンの協奏曲集、ルノー・カプソン、ニコラ・アンゲリッシュとシュー ベルト「ます」、ブラームスとサン・サーンスの室内楽(ドイツ批評家賞受賞)、ルノー・カプソン、フランク・ブラレイとのシューベルトの三重奏曲などを録 音している。 またEMIからはマルタ・アルゲリッチ、ルノー・カプソンとのハイドンとメンデルスゾーンの三重奏曲を、またマルタ・アルゲリッチ、マキシ ム・ヴェンゲーロフとショスタコーヴィッチの三重奏曲を録音している。最近の録音としてルノー・カプソン、マーラー・ユーゲント・オーケストラとのブラー ムス:二重協奏曲(グラモフォン/エディターズ・チョイス)、ガブリエラ・モンテーロとのリサイタルCD(メンデルスゾーン、プロコフィエフ、ラフマニノ フ)が挙げられる。最新CDはP.ヤルヴィ指揮/フランクフルト放送響とのドヴォルザークのチェロ協奏曲である。
使用楽器は1701年製のマッテオ・ゴフリラー。

VIDEO&MUSIC

PAGEUP