ARTISTSアーティスト

合唱 オルフェイ・ドレンガー (スウェーデン王立男声合唱団)Orphei Drängar (Swedish male-voice choir)

PROFILE


 「オルフェウスのしもべたち」を意味するオルフェイ・ドレンガーは1853年スウェーデンのウプサラで創設。作曲家アルヴェーンや合唱の神様エリック・エリクソンが指揮者を務めてきた世界最高のア・カペラ男声合唱団で、人間業とは思えない研ぎ澄まされた驚異のハーモニーで聴衆を圧倒。そして同時にサービス精神あふれた舞台は楽しい限りである。2008年から合唱指揮の権威S.R.アーリンが指揮をしている。
1853年ストックホルムのコレラ蔓延によって孤立化したウプサラの町で、士気発揚のためにウプサラ大学の合唱愛好者たちが集まって、ベルマンの「Hor i Orphei Dranger」を歌ったのが始まりである。合唱団は急速に拡大し、すぐにヨーロッパ・ツアーを成功させた。1951年から91年までエリック・エリクソンが指揮者を務め、この間に合唱団は大きな成長を遂げた。1966年と1967年にBBCの合唱コンクールで優勝。1970年には米国ツアーを成功させ、これを契機に中欧、西欧、東アジア、北米、中米にツアーを行い、各地で喝采を浴びた。1993年ノーベル賞授賞式参加、1996年スウェーデン国王グスタフ16世の50歳の誕生日を祝っての御前演奏、イェーテボリ響とのBBCプロムス参加などの活動も行う。また、合唱団の制作によるビデオ『歌う猿たち The Singing Apes』は、MTVで9週間にわたり放映された。1965年に合唱団に加わって以来、合唱団の発展と成功に力を尽くしてきたロバート・スントによる偉業と指揮者としてのポジションは、2008年よりセシリア・リュディンゲー・アーリンによって引き継がれている。

GALLERY

LINKS

公式サイト http://www.od.se/
PAGEUP