メシアン生誕100年記念特別企画 児玉桃メシアン・プロジェクト2008 シリーズ公演(全5回)

メシアン 現代・近代音楽における最高峰と称えられたフランスの巨匠、オリヴィエ・メシアン(1908~1992)。音を聴くと色彩や模様などを連想するという独特の感性を持ち、また、神学者としての敬虔な信仰から生み出された音楽は、極上の美と深遠なる世界を表現しています。
  2008年はメシアンの生誕100年、そして日本・フランス開港150周年、パリ市と京都市の姉妹都市50周年記念年にあたります。メシアン自身、親日家でメシアン未亡人(イヴォンヌ・ロリオ=メシアン)と何度も日本にも訪れており、軽井沢の鳥をモティーフに作品を描くなど、日本とのゆかりも深い芸術家として知られています。

 

児玉桃 日本とヨーロッパを中心に活躍の場を広げてきた児玉桃は、これまで、多くの演奏会でメシアン作品を積極的に取り上げ高い評価を得ています。「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」全曲を収録したCDは国内外で絶賛されるなど、児玉桃のこれまでのキャリアを築く上で、メシアンは最も重要な作曲家といえる存在であり、また、児玉桃はメシアンの深遠なる世界を表現できる、数少ないピアニストでもあります。2007年秋にはパリで開催された「メシアン国際コンクール」に審査員として招かれるなど、ヨーロッパでも、メシアンのエキスパートとして活躍の場を広げています。

 50年前、マーラー、ショスタコーヴィチの知名度が低かったにも関わらず、今日、広く知られる人気作曲家になったように、メシアンも年々、その作品の価値が評価されていくことは間違いありません。児玉桃は、作品の意図を汲み高い芸術作品として、率先して紹介することで、メシアンをより多くの方に知ってもらいたいと願っています。

 共演者には、実姉であり、ピアノ・デュオのパートナーとしても多くの名演を重ねている児玉麻里、世界的な活躍と人気を集める、ルノー&ゴーディエ・カプソン(ヴァイオリン&チェロ)、今や作曲家としても名声を築いている、イェルク・ヴィトマン(クラリネット)を迎えます。児玉桃がヨーロッパでも共演している、気心が知れたトップソリストたちとの共演は、メシアンの魅力を存分に表現します。是非ご注目ください。

トップページ
このプロジェクトについて
第1回:9/13(土)
第2回:10/18(土)
第3回:10/25(土)
第4回:11/2(日)
第5回:12/12(金)
発売情報/公演カレンダー
出演者プロフィール
Copyright © 2008 Kajimoto Concert Management Co., Ltd. All Rights Reserved.
Images for promotional use by Kajimoto Concert Management Co., Ltd. only. Images may not be copied, modified, or reused.
All photos of Momo Kodama by Vincent Garnier